ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » 就業管理クロノス

就業管理クロノス

クロノスという社名は時間の神様という意味をもっています。その名前の由来通り勤務管理の時間を活用するシステムとして開発されました。製品の特徴や価格などをご紹介します。

派遣会社を含め一般的な就業管理にも対応できるシステムです。

就業管理クロノスの特徴

業種を限定せず、豊富な勤務時間に対応可能。病院や飲食など24時間勤務の交代制、多人数を集計しなければいけないグループ企業や小売店舗といったさまざまな勤務ニーズに応えてくれます。

派遣業界の場合、派遣先によって勤務体系が大きく異なるケースも珍しくありません。カスタマイズをせずに柔軟に対応できるシステムなら、しっかり派遣スタッフを管理できます。

過重労働の防止措置として一定勤務時間を超えるとアラートで警告してくれる機能が搭載されており、残業時間の管理もれで意図せずスタッフの疲労を蓄積させることもありません。特に派遣会社は派遣元が現場の状況を掴みにくく長時間労働になってしまい、結果として派遣スタッフからの印象が悪くなってしまうケースもあります。

法改正にも無料で対応。フレックスタイム制の3ヶ月の精算期間や通常の有給とは別に計画有給を分けての管理もできます。バージョンアップ時には新機能として搭載されるため、法改正があった際に何が変わったのか把握するのが難しいケースでもアップデート情報を確認するだけで大丈夫です。

テレタイムなど打刻機器と連携できるので、データはデジタルで管理したいけれど現場では従来通りの機器を利用したいケースでも問題ありません。

従業員のデータは在職者合計で2,000名まで登録可能。2,000名を超える場合にはあらかじめ相談すれば対応してもらえます。役職は1,000件で別途所属は9階層にて管理可能です。

サポート体制も万全に整えています。バックアップを送信してくれる機能に加えて、利用方法がわからない際にリモートにてサポートしてくれるなどパソコン操作が苦手なスタッフでもすぐに助けてもらえます。

就業管理クロノスのできること

就業管理クロノスの費用

立場別に見る就業管理クロノス導入のメリット

派遣元のメリット

業種を問わず対応できるので、さまざまな業種へ派遣している企業でも問題なく利用できます。

派遣先のメリット

残業時間の予防アラートが搭載されており、法定残業時間を超えないようにこまめに計算する手間も省けます。

派遣社員のメリット

法改正にもきちんと対応し残業時間も管理してくれるため、現場の管理不足で労働時間が超過してしまうケースもなくなります。

就業管理クロノスの導入事例

タイムカードの作成業務やランニングコストがなくなった

タイムカードや確認用の出力紙が不要になり、ペーパレスを実現しました。「タイムカード」の毎月のランニングコストや作成業務の煩わしさから開放されるとともに、タイムカードの保管義務が無くなったことにより、デットスペースとなっていたタイムカードの保管場所を有効活用できるようになりました。

参照元:クロノス株式会社 導入事例(https://www.xronos-inc.co.jp/jirei/case11.html)

毎日勤務時間を管理できるようになった

締め日後でなければ把握できなかった残業時間について、毎日ほぼリアルタイムで把握できるようになり、管理が楽になりました。

参照元:クロノス株式会社 導入事例(https://www.xronos-inc.co.jp/jirei/case10.html)

管理者が確認する時間が不要になった

今回システムを導入したことにより、従業員のスマートフォンをタイムレコーダーとして利用できるうようになり、打刻漏れが少なくなりました。仮に打刻漏れがあった場合でも、確認作業が簡易的になり、管理者の時間を効率的に使えるようになりました。

参照元:クロノス株式会社 導入事例(https://www.xronos-inc.co.jp/jirei/case09.html)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×
Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円