ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » JobSuite TEMPORARY(ジョブスイートテンポラリー)

JobSuite TEMPORARY(ジョブスイートテンポラリー)

派遣元会社と派遣先会社のやりとりを効率化する派遣管理システム、ジョブスイートテンポラリー。

コンプライアンス対応も適応するこのシステムについて、特徴や機能のリサーチをしました。

JobSuite TEMPORARY(ジョブスイートテンポラリー)の特徴

ジョブスイートテンポラリーは、派遣元会社、派遣先会社の双方が利用できる派遣管理システムです。

派遣の依頼、契約を効率化するプラットフォームであり、また労務管理もできる設計となっています。

コンプライアンスチェックにも適しており、派遣管理を効率化するための機能が満載の製品です。

勤怠情報の管理は、各スタッフがシステム上で行います。そのため勤怠カードの回収や入力業務がなくなり、効率化ができます。

またその勤怠情報をもとにクライアントへの請求ができるほか、契約情報もジョブスイートテンポラリーを通してクライアントに確認してもらうことができます。

派遣先企業にとっては、36協定やコンプライアンスを意識した運用がしやすくなります。

契約書や請求書のフォーマットも統一されるので、書類のやりとりを大幅に効率化することができます。

JobSuite TEMPORARY(ジョブスイートテンポラリー)のできること

JobSuite TEMPORARY(ジョブスイートテンポラリー)の費用

立場別に見るJobSuite TEMPORARY(ジョブスイートテンポラリー)導入のメリット

派遣元のメリット

派遣依頼に対し迅速に対応できるため、成約率向上を図ることが可能。コンプライアンスを重視した運用が可能で、36協定違反なども防げます。

派遣先のメリット

派遣先会社も、コンプライアンスを重視した派遣社員の運用ができます。2020年の法改正による同一労働同一賃金にも対応します。

派遣社員のメリット

勤怠の入力はシステム上で行うので、派遣会社とのやりとりの手間がありません。

JobSuite TEMPORARY(ジョブスイートテンポラリー)の導入事例

さまざまな形式の契約書やフォーマットに対応

多数の派遣会社・人材紹介会社と取引をしているため、各社の契約書や記載内容が異なりコンプライアンスのチェックも煩雑だったが、JobSuite TEMPORARYの導入により内容が統一され、安心して契約をすることが出来るようになった。

参照元:JobSuite TEMPORARY(https://temporary-jst.com)

派遣スタッフや会社など集約した管理を可能に

拠点が多く派遣スタッフの出入りも多いため、どの部署にどの派遣会社・人材紹介会社のスタッフが就業しているか全体の把握や管理が大変だったが、JobSuite TEMPORARY上で集約した管理が出来るようになった。

参照元:JobSuite TEMPORARY(https://temporary-jst.com)

勤怠に関する確認業務を大幅に削減

勤怠のWeb化と請求書の電子化により、処理が迅速となり、業務効率が向上した。

また、スマートフォンのGPSによる位置情報・出退勤日時の取得ができるようになり、事務所外で就業するスタッフの勤怠に関する確認業務を大幅に削減することができた。

参照元:JobSuite TEMPORARY(https://temporary-jst.com)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円