ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » staff-one(スタッフワン)

公開日: |更新日:

staff-one(スタッフワン)

引用元:staff-one(スタッフワン)公式HP
https://staff-one.jp/

Webブラウザ上から派遣社員の勤怠管理を実現できる、スタッフワンをご紹介します。

staff-oneの機能・できること

主な機能

ここで紹介しているシステム以外にもトップページでは、月額費用・機能面で比較したおすすめの派遣勤怠管理システムを紹介しています。
派遣勤怠管理システムの導入を検討している人は是非ご参考ください。

おすすめ派遣勤怠管理システム4選へのリンク

staff-oneの導入費用・料金

staff-one(スタッフワン)月額料金はボリュームディスカウント方式となっており、ユーザー数が多いほど1人あたりの料金が安くなります。たとえばユーザー数100人の場合は月額30,000円で、1人あたりに換算すると300円かかりますが、500人で利用する場合は月額100,000円、1人あたりに換算すると200円となります。

そのほか保守料金が月額20,000円かかります。また、オプションとして月額10,000円でヘルプデスクサポートを付けることが可能です。ヘルプデスクサポートの詳しい内容は公式サイトに掲載されていなかったので、詳細は直接お問い合わせください。

staff-oneのサポート体制

staff-one(スタッフワン)のサポート体制に関する情報は見つかりませんでした。

月額費用×対応機能数で比較!
派遣勤怠管理システム4選

staff-oneの特徴

アプリのダウンロード不要で、ブラウザ上で簡単に派遣社員の勤怠管理を実現できるスタッフワン。

派遣社員は自身の勤怠管理を手軽にできるほか、派遣元は派遣社員管理や請求書発行をまとめておこなうことができる、派遣社員向けのシステムです。

必要に応じてデータを加工し、出力することができるため、誰でも手軽に利用することが可能です。

staff-oneの導入事例・口コミ評判

残業状況をリアルタイムで確認できる

様々な契約形態、勤務形態の企業様に派遣をしている当社にとって、派遣スタッフが日々どのように勤務しているのかを把握するには月末の勤務表を回収するまで分からない状況でした。
派遣スタッフの労働環境・条件や健康管理を考えるうえで、勤務状況をリアルタイムで把握する事は、非常に重要な課題となっていました。
「staff-one」は日々の出退勤時間や残業状況が一目でわかり、当社の営業が派遣スタッフの残業状況を把握する事に非常に役立っており、早めの対策を派遣先と打ち合わせることが出来ています。

引用元:staff-one公式HPhttps://staff-one.jp/lp/pc/

請求書発行にかかっていた時間が半分に!

創業して5年が経ち、派遣スタッフが100名を超えた当社にとって、派遣先からの勤務表の回収とそれを元にした請求書の作成・発行が派遣先の締め日に間に合わない事が多くなっていました。
その為、請求書発行のプロセスの迅速化、簡易化が課題となっておりました。「staff-one」では、契約条件と毎月の勤怠情報から自動的に請求書を作成できるので、手作業で行っていた頃の半分の時間で請求書発行が可能になりました。各派遣先様の請求日にも余裕をもって対応することが可能になり大変満足しております。

引用元:staff-one公式HPhttps://staff-one.jp/lp/pc/

派遣の勤怠管理システムおすすめ4選【月額費用×機能数で比較】|ハケカン

立場別に見るstaff-one導入のメリット

派遣元のメリット

スタッフワン上で全ての社員をまとめて管理することができ、経歴書や過去の実績、残業時間などが一目で分かります

顧客情報においては派遣単価などの一元管理をすることができるため、スタッフの能力はもちろん、派遣単価との付け合わせを行いながら適した社員を選択することが可能です。

また、売上レポートを確認できるため、営業数字としての確認も容易です。

派遣先のメリット

リアルタイムで勤怠状況を確認できるため、残業時間など注意深く確認する必要がある点を細かく把握することが可能です。

もし勤怠が未入力の場合、早めに派遣社員本人へ通達し、再度入力を促すことが可能です。

専用ソフトが不要なため、気軽にWeb上からログインすることが可能です。PCに負荷を掛けることなく、必要情報を入力できるのは大きな強みでしょう。

派遣社員のメリット

勤怠管理のアプリケーションは便利ですが、自分のプライベート携帯などで管理するのは嫌だと感じる人は多いのではないでしょうか?

IDやパスワード管理の手間は発生するものの、全てWeb上で完結できるのは大きな強みと言えるでしょう。

もちろんPCだけでなくスマートフォンにも対応しており、気付いた時に気軽に勤怠入力をすることが可能です。

staff-oneの操作画面イメージ

引用元:staff-one公式HP
https://staff-one.jp/

staff-oneの運営会社情報

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -