ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは? » 派遣先管理台帳とは?

派遣先管理台帳とは?

派遣先管理台帳とは?

派遣先管理台帳とは、社員の派遣先となる会社が、労働日・労働時間といった派遣社員の就業実態を的確に把握することと、その記載内容の一部を派遣元に通知することにより、派遣元である派遣会社の雇用管理に必要な資料です。派遣先企業・派遣労働者・派遣元企業の3つの関係性を有効に保ち、効率的に業務を遂行するための重要な資料として扱われます。

派遣先管理台帳は受け入れる派遣社員ごとに作成する必要があるとして定められています。派遣元である派遣会社に対して通知すべきとされているのは、以下の内容となります。

他にも、派遣先の企業が派遣労働者から苦情などの申し出を受けた場合にも、苦情の申し出を受けた年月日や苦情の内容、その処理状況についての対応を都度記載し、派遣元に通知する必要があります。

派遣先管理台帳の作成と保管は法律で定められている

派遣先管理台帳の記載については、各法定記載事項が確定の都度行わなければならないとされており、派遣先では派遣社員の終了など、派遣契約終了日から3年間にわたって保存しておく必要があります。これは派遣法第42条第2項にて定められていることです。

また、派遣先の企業は派遣先管理台帳に記載した事項の一部について、派遣元の派遣会社に通知する必要があるとも定められています。これは派遣法第42条第3項、派遣法施工規則第38条で定められています。

ただし派遣先事業所の派遣労働者の数と、派遣先が雇用している労働者の数が合計5人以下の場合には、派遣先管理台帳の作成・記載は必要ないと定められています。

労働派遣契約の電子化の影響は?

派遣先管理台帳の通知については、1か月に1回以上、一定の期日を定めて派遣労働者ごとに通知する必要があります。方法は書面やファクシミリ、電子メールなど様々あります。

また派遣元企業から請求があった場合にも同様に、派遣労働者ごとに通知事項に関わる項目を書面やファクシミリ、電子メールにて通知する必要があります。

労働派遣契約の電子化が進めば、こうした派遣先管理台帳の保管や作成、通知についての諸業務も効率化されていくでしょう。必要なタイミングでタイムリーに電子による通知が行われるなど、メリットも期待できます。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×