ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » 勤労の獅子

公開日: |更新日:

勤労の獅子

勤労の獅子は、エス・エー・エス株式会社が提供するクラウド型の勤怠管理システムです。各社のニーズに合わせた機能を提供しているほか、サポートにも力を入れています。ここでは、勤労の獅子の特徴や、導入によってできるようになること、メリットなどについて解説します。ぜひ参考にしてください。

勤労の獅子の特徴

勤労の獅子は、派遣社員の勤怠管理に役立つさまざまな機能が搭載されているクラウド型のシステムです。

例えば、運用に合わせる形で選択できる多様な打刻方法が用意されています。ブラウザ型の打刻のほか、パソコンがいらないICカード専用打刻機、USB接続型打刻機、指静脈打刻などから幅広く選択可能です。

また、変形労働制や複数出勤・ヘルプ出勤など多様な勤務形態にも対応できます。さらに、クラウド型ということもあり、近年頻度が高くなっている法改正にも即座に対応できるのが強みです。

初めて派遣勤怠管理システムを導入するにあたり、使いこなせるか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。ですが、勤労の獅子はサポートに力を入れており、電話やメールのほか、サポートサイトなどで問題解決を目指せます。

対応してくれるのは、経験豊富な勤怠コンサルタントです。要件の確認だけではなく、設定採用の代行や操作のレクチャー、効率的な運用アドバイス、さらには運用開始後の定着化までしっかりサポートしてくれます。

勤労の獅子のできること

勤労の獅子の費用

月額料金は最低料金であり、必要な機能(オプション)の組み合わせによって利用料が変動します。詳細については見積もりで確認可能です。

立場別に見る勤労の獅子導入のメリット

派遣元のメリット

専任の勤怠コンサルタントが導入を担当するため、導入の際に不安を感じることがありません。電話やメール、サポートサイトなどでしっかり対応してもらえます。また、外出先や自宅でも繋がるため、テレワークのスタッフに業務を振り分けることもできます。

派遣先のメリット

情報が見つかりませんでした。

派遣社員のメリット

多様な打刻方法が用意されているため、例えばICカード専用打刻機が導入されれば勤怠入力が手軽に行えるようになるのがメリットです。

勤労の獅子の導入事例

勤怠管理しやすくなり、課題解決につながった

導入前の課題
・毎月発行する派遣先への請求書の作成期間を短縮するため、勤怠集計の工数削減を考えていた
・働き方改革等の法改正を遵守すべく、残業時間の管理を適切に行う必要があった
(中略)
導入効果
・残業時間を含む労働時間を管理者が把握できることで法の遵守に繋がっている
・細やかな設定が出来るため、お客様毎の就労時間に合わせた勤怠管理/運用が概ね可能になり、毎月の勤怠集計の工数削減に繋がった
・サポート体制がしっかりしているので、安心してシステムを利用できるようになった

引用元:勤労の獅子公式HPより抜粋 https://kinrou44.jp/casestudy/000724.html

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -