ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » 勤労の獅子

公開日: |更新日:

勤労の獅子

勤労の獅子公式HPイメージ引用元:勤労の獅子公式HP
https://kinrou44.jp/

勤労の獅子は、エス・エー・エス株式会社が提供するクラウド型の勤怠管理システムです。各社のニーズに合わせた機能を提供しているほか、サポートにも力を入れています。ここでは、勤労の獅子の特徴や、導入によってできるようになること、メリットなどについて解説します。ぜひ参考にしてください。

勤労の獅子の特徴

打刻方法を選べる

打刻方法を複数用意しています。ブラウザ型打刻、ICカード専用打刻機、USB接続型打刻機や指静脈打刻などニーズに合わせて選べるのがポイントです。他にも、本社拠点や工場拠点や営業所拠点に合わせて、WEB打刻、ICカード打刻、スマホ打刻と組み合わせられる柔軟性があります。他社サービスでは、LINE WORKS打刻、カメレオンコード+顔のカラ・レコ打刻と組み合わせられるのも特徴です。

法改正にも対応できる

クラウド型のため、アップデートを無償あるいはオプションで対応できます。そのため、時代の流れによる新しい法律が出てきても対応できるのが強みです。働き方改革関連法案施行、子の看護休暇・介護休暇の時間単位での取得はすでに対応が済んでいます。リスクや管理コストの低減をサポートしてもらうことが可能です。

テレワーク管理をサポート

テレワークに対応した機能を備えているのがポイントです。在籍や離席状況を把握できるプレゼンス機能をはじめ、管理者がテレワーカーの勤務状況を確認できるスクリーンショット機能などを備えています。テレワーカーのストレス対策、災害時のBCP対策を考えた上でも便利な機能です。

勤労の獅子のできること

勤労の獅子のサポート体制

導入時は専任の勤怠コンサルタントが担当してくれます。導入完了後も、経験を持ったサポートチームが運用してくれるため安心です。勤怠コンサルタントは、要件の確認、設定作業代行、操作レクチャーや効率的な運用アドバイス、運用開始後の定着などでサポートしてくれます。導入中、運用開始後も、疑問や不明点があっても電話やメールで解決できます。

一覧表示

月別、日別や部署ごとなどで確認や、申請や修正など一覧表示できるため効率的です。独自入力項目、条件付き計算式も柔軟に追加できます。並び順も設定できるのもポイントです。エラーがあれば色別で表示されるためすぐ確認できます。2日間に渡る勤務も自動計算可能です。

計算方法が選択可能

個人ごとの計算方法も選択できます。各出退勤で、打刻や予定や所定を組み合わせた運用が可能です。社員とアルバイトでルールが異なる場合でも対応して運用できます。

複数の勤務形態

就業規則や勤怠運用に合わせたオプションを選べるため勤怠業務の効率化につながります。1ヶ月単位の変形労働制にも対応。予定に対しても週単位の残業時間、月単位の残業時間も自動計算ができます。フレックスタイム制や複数出勤・ヘルプ出勤もOKです。

拡張項目機能

日次、月次といった管理項目を追加できます。独自の計算項目や条件式による自動計算です。たとえば、年末年始手当計算の自動化、時間帯別自動計算の自動化、学童保育による延長時間計算の自動化できます。

ここで紹介しているシステム以外にもトップページでは、月額費用・機能面で比較したおすすめの派遣勤怠管理システムを紹介しています。
派遣勤怠管理システムの導入を検討している人は是非ご参考ください。

おすすめ派遣勤怠管理システム4選へのリンク

勤労の獅子の費用

月額料金は最低料金であり、必要な機能(オプション)の組み合わせによって利用料が変動します。詳細については見積もりで確認可能です。

立場別に見る勤労の獅子導入のメリット

派遣元のメリット

専任の勤怠コンサルタントが導入を担当するため、導入の際に不安を感じることがありません。電話やメール、サポートサイトなどでしっかり対応してもらえます。また、外出先や自宅でも繋がるため、テレワークのスタッフに業務を振り分けることもできます。

派遣先のメリット

コロナウィルス拡散の影響もあり、近年はテレワークへの注目度が高まっています。「勤労の獅子」にはそんなテレワークに必要な機能が備わっているので、派遣先とも円滑なコミュニケーションを交わすことができます。

派遣社員のメリット

多様な打刻方法が用意されているため、例えばICカード専用打刻機が導入されれば勤怠入力が手軽に行えるようになるのがメリットです。

勤労の獅子の操作イメージ

引用元:GO!GO!動画製作所公式チャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=loVH6o2EdnA)

勤労の獅子の導入事例

しっかりとしたサポートを受けられた
  • 残業時間を含む労働時間を管理者が把握できることで法の遵守に繋がっている
  • 細やかな設定が出来るため、お客様毎の就労時間に合わせた勤怠管理/運用が概ね可能になり、毎月の勤怠集計の工数削減に繋がった
  • サポート体制がしっかりしているので、安心してシステムを利用できるようになった

引用元:勤労の獅子(https://kinrou44.jp/casestudy/000724.html)

作業効率がアップした!
  • 運用に合わせたアラート設定が可能、かつアラート内容毎に色で識別できるため、確認が正確に行えるようになった
  • 勤怠集計や有休付与/消滅がすべて自動で対応できるようになり、毎月の作業が格段に速く楽になった
  • WEB打刻やスマホ打刻での運用、勤怠記録の修正等もWEBから手軽に行え、従業員側の作業効率も向上した

引用元:勤労の獅子(https://kinrou44.jp/casestudy/000722.html)

勤怠管理しやすくなり、課題解決につながった

導入前の課題
・毎月発行する派遣先への請求書の作成期間を短縮するため、勤怠集計の工数削減を考えていた
・働き方改革等の法改正を遵守すべく、残業時間の管理を適切に行う必要があった
(中略)
導入効果
・残業時間を含む労働時間を管理者が把握できることで法の遵守に繋がっている
・細やかな設定が出来るため、お客様毎の就労時間に合わせた勤怠管理/運用が概ね可能になり、毎月の勤怠集計の工数削減に繋がった
・サポート体制がしっかりしているので、安心してシステムを利用できるようになった

引用元:勤労の獅子公式HPより抜粋 https://kinrou44.jp/casestudy/000724.html

有休管理と残業時間のリアルタイム把握

今までは紙で管理していたので、有休の残数を調べるときは手集計で行なっていました。導入後は有休の残数も簡単に確認ができるので、集計の手間が省けました。有休取得日数が容易に確認できるため、休暇の取得を促せるようにもなりました。またシステムを導入したことにより、退勤時に勤怠申請をあげる運用が定着し、残業時間をリアルタイムで把握できるようになったので、従業員の業務負荷をタイムラグなく把握することができています。

引用元:勤労の獅子(https://kinrou44.jp/casestudy/001020.html)

自動計算とエラー表示で効率化

残業/深夜/休日出勤等が自動計算されたり、エラー表示で打刻漏れがすぐに把握できるので勤怠の締めから給与データ連携までスムーズに行えるようになりました。年度の有休取得日を達成できたかどうか把握できるところも便利です。みなし時間の設定もできて助かりました。

引用元:勤労の獅子(https://kinrou44.jp/casestudy/000992.html)

集計業務の負担軽減と労働時間管理

業務担当者の集計業務の負担が軽減されています。大きな支店だと約80名程度の勤怠を紙からExcelデータに入力するため相当な時間がかかっていたと思います。また36協定アラームが出ることによって、管理者・本人両方ともに過剰な時間外労働を行なわないよう意識付けされる効果があると思います。

引用元:勤労の獅子(https://kinrou44.jp/casestudy/000990.html)

派遣向け
勤怠管理システム一覧を見る

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -