ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » Gスタッフ

Gスタッフ

株式会社ネスティが提供している派遣管理システム「Gスタッフ」について、機能面での特徴や費用、導入メリットをまとめてみました。

Gスタッフの特徴

Gスタッフの勤怠管理は、手入力する労力をできるだけ省けるように設計されています。

基本的に勤怠入力は登録されているシフトが自動的に反映されるので、開始・終了時間と休憩時間を修正するだけでOK。残業時間の振分けも自動で行ってくれます。

また請求用・支払い用のタイムシートを別々にすることができ、柔軟な管理にも対応していることが特徴です。

週40時間超の管理に関しては、月またぎ、契約またぎ、得意先またぎなど、実際に使う可能性のあるあらゆるパターンで管理ができます。

コンプライアンスに関しては、承認管理、労務管理などの機能を搭載して、コンプライアンス重視の設計となっています。

また派遣管理システムについてはカスタマイズ性が注目されることが多いですが、Gスタッフの場合は基本パッケージを安価で提供。

ユーザーごとに必要なオリジナル部分はスクラッチで開発して高性能システムを実現しています。

これまでの導入実績としては、全国で70社、実に300拠点以上で利用されていることが記載されています(2015年11月時点、公式サイトより)。

あらゆる人材ビジネスで利用されているシステムで、1拠点のみの事業者から全国展開の大規模事業者まで幅広く利用しています。

Gスタッフのできること

Gスタッフの費用

Web上で情報を見つけることができませんでした。

立場別に見るGスタッフ導入のメリット

派遣元のメリット

必要な情報をプッシュ型で見せる設計を実装しており、ミスの軽減や業務効率アップが期待できます。

「見える化」ではなく「見せる化」と呼ばれており、必要な情報をシステムからリマインドする設計思想となっています。

派遣先のメリット

直接のメリットではありませんが、コンプライアンス重視のマッチングシステムを採用しています。

引き当てられた人材がマッチングしない可能性が小さくなっていることはメリットのひとつと言えるでしょう。

派遣社員のメリット

案件のマッチングは、派遣を希望しているスタッフだけが引き当てられるシステム。

希望していない種類の案件を打診されるミスマッチの可能性が軽減されています。

Gスタッフの導入事例

Web上で情報を見つけることができませんでした。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円