ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » CLOUZA(クラウザ)

CLOUZA(クラウザ)

設備投資なく勤怠管理システムを導入することが可能な「クラウザ」をご紹介。クラウドで勤怠管理を行うため、面倒なサーバー設定は必要ありません。

CLOUZA(クラウザ)の特徴

クラウド型の勤怠管理システムのため、サーバーなどの初期費用が掛かりません。

そのため大人数を一気に管理したい場合はもちろん、少人数でも手軽にシステム上での勤怠管理を実現することが可能です。

アプリはもちろん、専用端末から打刻を行うことができ、勤怠用のカードなど、所持品が不要な状態で打刻をすることが可能です。

CLOUZA(クラウザ)のできること

CLOUZA(クラウザ)の費用

立場別に見るCLOUZA(クラウザ)導入のメリット

派遣元のメリット

1ヵ月分のデータを自動的に収集してくれるため、紙での勤怠管理が不要となる点が大きなメリットです。

しかし派遣社員とのやり取りの中で、勤怠確定後に修正作業が必要となることはよくあります。

クラウザの場合、当月の勤怠はもちろん、前々月までのデータ修正が可能なため、派遣社員の勤怠管理者としては非常に有難い設定と言えるでしょう。

派遣先のメリット

アラート内容を管理者となる社員が独自でカスタマイズできるため、残業時間はもちろん休日出勤などの設定を行うことが可能です。

また、事業所や社員別にアラート設定を行うことができるため、勤務形態に癖が出てきた場合、適宜カスタマイズしながら活用してみるのも良いでしょう。

残業時間はもちろん、入力漏れのアラートも可能なため、必要に応じて派遣社員へ勤怠登録を促すことも可能です。

派遣社員のメリット

スマートフォンはもちろん、職場に設置されているタブレットやパソコンなど、状況に応じて打刻ツールを選択できるため、打刻の負荷を抑えることが可能です。

また、画面も見やすく自身の入力漏れや何らかの指示は、画面上で抜け漏れなく確認することが可能です。

取得可能な有給なども分かりやすく、出勤計画を立てやすいと言えるでしょう。

CLOUZA(クラウザ)の導入事例

自動計算されるので助かっている

顧問先から『集計が楽になった』とお話をいただきました。特に「タイムカードからパートの計算をするのが大変だったが、自動計算されるので助かっている」と聞いています。

また導入後の初回集計時は顧客先から問い合わせはあったものの、CLOUZAは使用方法が簡単なことや、マニュアルもわかりやすいため支障なく運用できています。

参照元:CLOUZA(https://clouza.jp/case/detail0/)

締日までの1カ月集計もリアルタイムに

まず劇的に集計作業が楽になりました。

CLOUZAは出勤と退勤打刻があれば、その日の時間計算は自動的に行われていますし、締日までの1カ月集計もリアルタイムに行われています。

つまり今まで手計算していた作業が全くいらなくなりました。

参照元:CLOUZA(https://clouza.jp/case/detail2/)

インターネット接続があれば打刻できる

現在はTimeProとの打刻情報連携に特化して使用していますが、BCP対策としても有効だと感じています。

東日本大震災の時、直後数日間は多くの社員が在宅勤務となり打刻を行うことができませんでした。

そのような場合でもCLOUZAであればインターネットに接続することができれば打刻を行うことができます。

参照元:CLOUZA(https://clouza.jp/case/detail3/)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円