ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » HRBCスタッフィング

HRBCスタッフィング

2020年2月時点、公式サイトによると、1500社の導入実績があり、外部サービスとの連携も充実しているサービスです。

HRBCスタッフィングの特徴

HRBCスタッフィングは、人材派遣のマッチングを支援するシステムです。求人と求職者の情報を一元管理し、マッチングを迅速かつ高精度で行うことができます。

業務内で、同じ項目を二重、あるいは三重に入力する手間をなくし、業務プロセスを標準化・可視化することに役立ちます。

登録スタッフの稼働数の可視化のために、稼働継続率や新規登録スタッフの稼働開始率、対競合のシェア拡大などのデータが簡単に確認・分析できます。

また請支給率や粗利額の改善にも利用されるシステムです。

HRBCスタッフィングのできること

HRBCスタッフィングの費用

立場別に見るHRBCスタッフィング導入のメリット

派遣元のメリット

求人と求職者の一元管理ができ、さまざまな場面でフォーマットに合わせた出力ができるので、同じことを何度も入力する手間が不要です。

派遣先のメリット

派遣先会社に直接のメリットはありませんが、高精度なマッチングを実現することによって、最適な人材の派遣を受けることができます。

派遣社員のメリット

派遣先会社と同様に、高精度なマッチングによって希望通りの求人へ引き当てられやすくなります。

HRBCスタッフィングの導入事例

カスタマイズ性が高く、機能を自社開発して使用

事業が短期間で成長し、アナログでの管理に限界が見えたので導入を決めました。

いくつかの製品を検討し、カスタマイズ性の高さでHRBCスタッフィングを選びました。

使いやすい機能を自社で開発して使っていて、顧客管理にも使っています。

また面談日時をGoogleカレンダーに自動登録したり、登録者にリマインドメールを自動で送る機能なども実装しています。

参照元:HRBCビジネスクラウド(https://hrbc.porters.jp/case/detail/id=631?yclid=YJAD.1598250630.T4IfeX6dcq2np8HkeSNOLAvrJyLpiz8xcTP9T_3tTziAjsGbFKitSu80HCjkJA)

リモートワークなどの新しい働き方にも対応

HRBCはクラウド型のシステムなので、リモートワークに適しています。

これがあるおかげで、在宅や直行直帰といったフレキシブルな働き方の実現に役立っています。

スカウトした求職者の面談日程、面談の内容、履歴書や職務経歴書をHRBCに入力し、ほかのスタッフと共有するのにHRBCが役立っています。

どこにいても同じ情報を共有できるのが便利ですね。

参照元:HRBCビジネスクラウド(https://hrbc.porters.jp/case/detail/id=145)

派遣法改正への対応に役立った

派遣法改正への対応にHRBCが役立ちました。

スタッフへの教育訓練の記録を残すことが義務付けられましたが、HRBCなら外部会社のeラーニングの記録をCSVでダウンロードして、システムに取り込むことができます。

また優良派遣事業者認定制度の審査のための資料づくりでも、HRBCならデータを一元管理して、必要なものだけ取り出して資料を作成することができるのも導入の決め手でした。

参照元:HRBCビジネスクラウド(https://hrbc.porters.jp/case/detail/id=227)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円