ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは? » 派遣社員もテレワークはできる?

公開日: |更新日:

派遣社員もテレワークはできる?

テレワークを導入する企業が増加する中、派遣社員はテレワークできるのかという疑問を持っている方もいるでしょう。そこでこの記事では、派遣社員のテレワークにおける管理について、注意したいポイントをまとめました。

労働契約によってはテレワークできないことがある

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、多くの企業がテレワークを導入しています。しかし、派遣社員についてはテレワークできる企業・できない企業があり、テレワークができない主な理由としては下記のような内容が挙げられています。

さらに中には「正社員はテレワークをしているのに、派遣社員やアルバイト、パートはテレワークができない」といった声も聞かれます。

このような状況になる大きな原因は、派遣企業と派遣会社の間で結ばれている労働契約です。この労働契約に、「派遣社員がテレワークを行う」と明記されていない、テレワークを行うためには労働者派遣法に基づいた契約の変更が可能であるといった点が挙げられています。

すなわち、労働契約がネックになって派遣社員のテレワークができないという場合には、契約の条件をクリアすれば派遣社員でもテレワークができる、ということになります。

国は「派遣労働者のテレワーク」を推進

上記のような状況がある中で、国は派遣労働者のテレワークを推進しており、企業に対して雇用形態のみを理由としてテレワークの対象者を分けることがないように求めています。

厚生労働省では、派遣元事業主・派遣先に対する「派遣労働者のテレワークに関するQ&A」を作成し、解釈の明確化を図っています。
その中で「正社員はテレワークを実施、派遣労働者はテレワークを実施せずに全員出社してもらうことは問題ないか」という問いに対して、「業務内容によってはテレワークが難しい場合も考えられるが、派遣労働者であることのみを理由として、一律にテレワークを利用させないことは、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保を目指して改正された労働者派遣法の趣旨・規定に反する可能性がある」と明言されています。

また、労働者派遣契約の変更に関するQ&Aとして、「派遣労働者のテレワーク実施にあたり、労働者派遣法に関して留意すべきことは」という問いに対しては「就業場所について労働者派遣契約の一部変更が必要になる場合もあるが、この場合の契約変更については、緊急の必要がある場合についてまで事前に書面による契約変更を行うことを要するものではない。ただし、派遣元事業主と派遣先の間で十分に話し合い、合意しておくことが必要」と解答しています。

参考:厚生労働省|派遣労働者のテレワークについて[PDF]
(https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000652938.pdf)

テレワーク下の管理のポイント

このような状況の中、テレワークで働ける派遣社員も増えてきています。そこで、テレワークを実施する際の管理には、下記のようなポイントがあるといえます。

テレワークを行うにあたっては、派遣社員とのコミュニケーションをこまめに取れるように工夫することが非常に重要といえます。ポイントを押さえた管理を行うことにより、生産性を維持することができるでしょう。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -