ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは? » 労働派遣契約の電子化とは

労働派遣契約の電子化とは

労働派遣契約が法改正によって電子化が認められた背景や、電子化することによるメリット、電子化を導入する方法をまとめました。

労働派遣契約の電子化とは?

テレワークが進展していくとともに、労働派遣契約の電子契約システム化が増えています。法改正によって「労働者派遣契約」の電子化も解禁された今、派遣会社と派遣社員との間で結ばれる労働派遣契約の電子化が推進されています。

法改正の目的

令和3年1月1日に、「労働者派遣契約」の電子化が法改正によって解禁されました。契約書面の電子化が解禁され、「労働者派遣契約書」は書面交付ではなく電子化も許されるようになったわけです。

労働者派遣契約はもともと書面保存されていたため、事業者にかかる負担が大きい点が問題視されていました。こうした事業者の負担を軽減させることも大きな目的の一つです。

労働派遣契約の電子化の概要

派遣社員への労働条件や就業条件明治はすでに電子メール・SNSなどでの送信も許されていましたが、企業間で行われる派遣契約書のやり取りは紙で行うことが義務付けられていました。法改正後には派遣元企業・派遣先企業との間で締結される契約を、電磁記録で作成することが認められるようになりました。

もともと派遣契約書の電子化が認められていなかったのは、インターネットがまだ普及していない企業・地域がある点と、日本特有といわれる「押印文化」が理由。テレワークが主流となった背景により、この度派遣契約書の電子化が認められるようになったのです。

電子化によって得られるメリット

労働派遣契約の電子化が認められたことによって、企業間で以下のようなメリットが得られるようになりました。

契約締結までのスピードが速まる

労働派遣契約を交わす際には、書類の作成から郵送もしくは手渡しを行った上で、相手からの返信を待つ必要があります。つまり契約の締結までに1~2週間のスケジュールを見積もる必要があり、スピード感のあるやり取りは難しいのが現実でした。

労働派遣契約が電子化すれば、双方が離れた場所にいても即時に反応して契約を交わせます。相手方の進捗状況を必要なら可視化することもでき、スピーディなやり取りが可能となるのです。

契約書にまつわる手間が減る

書面で労働派遣契約を交わす場合には、書類の作成や保管に手間が要されます。過去に交わした契約についても同様に、過去のファイルを物理的に遡って探す必要が出てきます。

書面が電子化されることで、契約書の作成や署名・捺印、過去の保管データの検索といった手間は全て簡略化されます。文字通りワンクリックで必要なデータを用意・閲覧可能なため、わざわざ書類の確認のためにオフィスに出向くような手間も減らせるでしょう。

セキュリティの安全性が高まる

紙媒体の契約書だと、万が一に紛失してしまった場合にセキュリティの安全性が脅かされます。また保管場所についても最新の注意を払わないと、漏洩のリスクも高まるでしょう。

契約システムが電子化されればデータの暗号化や二段階認証といった高度なセキュリティが施されるため、データの漏洩や紛失のリスクを防ぐことに繋がります。また、万が一データが紛失された場合にも、バックアップを取るなどしてデータの安全性を高められるでしょう。

人的・物的コストが削減できる

労働派遣契約を電子化することによって、契約書を作成する人やモノ、時間といったあらゆるコストを節約することができます。電子システムなら誰でも簡単な操作でデータを用意できますし、紙を用意する必要もないため印刷用紙やプリンター、郵送費用なども削減可能。

物理的な保管も必要ではないため、オフィス内の場所を節約することもできるでしょう。

電子化導入のための方法

労働派遣契約の電子化を導入するなら、各社から開発されている電子契約システムを比較・検討するところから始めましょう。書類のテンプレート機能や保管についてのサポート、使い方や導入方法といったカスタマーサービス機能など…システムによって様々な個性があります。

自社で必要としている電子契約の機能や、セキュリティ・利便性・コストといった理想とする要素について、よくチェックしながら電子契約システムを比較してみてください。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×