ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは?

おさえておきたい労働者派遣法の基本とは?

2020年に法改正を迎えた「労働者派遣法」。派遣社員を使う、あるいは派遣する側のいずれも派遣法についての知識が必要です。

ここでは派遣法の基本について学んでみましょう。

派遣法とは

正社員に対して、雇用が不安定で弱い立場に置かれがちな派遣社員。人員不足に対する期間限定の補充という側面も強く、その権利は軽視されてしまいます。

そんな派遣社員の権利と待遇を守るために制定されたのが派遣法です。派遣期間の制限や、正社員との賃金の均衡、トレーニングを受ける権利などが含まれています。

派遣法改正の歴史

2020年の派遣法改正

2020年4月には、派遣法が改正となりました。何度か改正されているこの法律ですが、今回の法改正は働き方改革に伴うもの。

今まで企業の努力義務とされてきた部分が、厳格に義務化されることとなりました。特に大きなポイントは、「同一労働同一賃金」に基づく厳密な賃金の決定です。

派遣先企業と同じ基準で賃金を決定する、もしくは派遣会社と労働者の過半数代表者の間で締結される労使協定で決定されます。

2020年の派遣法改正
について詳しく見る

2012年の派遣法改正

2012年にも法改正がされています。このときは、派遣労働者の賃金の決定は、派遣先の同種の仕事に従事する社員の賃金のほか、派遣労働者の職務の内容と成果、意欲、能力、経験などを考慮することが定めれられたもの。

また、30日以内の日雇い派遣が原則禁止、派遣社員への待遇説明の義務化、派遣料金の情報効果の義務か、そして有期雇用から無期雇用への転換の努力義務などが盛り込まれています。

2015年の派遣法改正

2015年の法改正では、派遣社員が教育訓練を受けることが可能になりました。

また専門的な業務も派遣雇用の期限が3年に定められたこと、派遣元企業から派遣先企業への直接雇用の依頼などの雇用安定措置の義務化、派遣先企業の社員との均等待遇への配慮の義務化などが盛り込まれました。

勤怠管理システムで派遣法のわずらわしさを解決

派遣法を遵守しながら人材派遣業務を行う、また派遣社員を迎え入れるのは、法的知識がないと難しいもの。

専門スタッフが社内にいればいいのですが、厳格な意味での専門家は必ずしもいるとは限りません。

勤怠管理という面だけ見ても、残業時間や有給休暇の問題など、管理の必要なポイントがたくさんあります。

この管理問題をサポートしてくれるのが勤怠管理システム。

勤怠の入力や承認によって作成されたデータをもとに、勤怠状況が派遣法に触れそうな場合アラートを出す機能がついているものもあります。

参考にしたサイト

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円