ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » CSM

公開日: |更新日:

CSM

契約のフォーマットの確認をしやすくしたり、書類を探す手間を省いたりする効果のある、派遣スタッフ管理システム「CSM」の特徴やシステムの詳細を紹介します。

CSMの特徴

派遣先の企業と派遣企業元の両方にメリットがあるのがCSM の特徴です。派遣先企業は複数の派遣会社とアナログで連絡を取る必要が無くなったり、契約状況を見える化できたり、時間外管理のアラートを掛けられたりといったメリットがあります。そして、派遣元企業は契約書を準備する時間が減ったり、郵送費などが削減できたり、就業決定までにかかるリードタイムが短くなったりします。

これらのメリットは、CSM にスタッフの勤怠管理や派遣契約の適正化、連絡時間の削減などの機能が搭載されているからこそ得られるものです。他にも評価機能や分析機能、請求管理など、業務の作業効率を上げるのに便利な機能が複数備わっているのがCSM の特徴です。

CSMのできること

派遣の勤怠管理システムおすすめ4選【月額費用×機能数で比較】|ハケカン

CSMの費用

立場別に見るCSM導入のメリット

管理者のメリット

管理者側は履歴管理を活用して、派遣元で修正された日時や担当者を瞬時に確認することが可能です。修正変更時点での契約書をPDF出力できる使い勝手の良さも魅力の一つ。権限設定を設けることもできるため、社内の担当者によって閲覧権限や操作権限など個別に設定できます。

経理担当者のメリット

派遣先管理台帳、個別契約書、派遣先通知書など、派遣先で出力できる書類の幅が広いCSM 。CSM に登録できる階層は3つまでですが、それぞれ制限を受けずに部署数を登録することが可能です。加えて、契約一覧としてスタッフ一覧をCSV出力できるのも嬉しいポイント。1契約書に1人紐づいているのが特徴的であり、検索条件を設定すれば必要に応じて一覧表示を絞ることもできます。

従業員のメリット

CSMは誰でも扱えるようにシンプルな仕様に仕上げています。簡単に操作できるシステムが強みであり、実態に合わせて運用できるよう、利用者ごとに権限が設けられるようにしました。また、お客様の声を取り入れることを心がけており、サポート体制も充実しています。分からないことやトラブルがあった際は気軽に相談することができるでしょう。CSMは派遣事業に役立つ機能が1つのシステムにまとまっているため、導入することで作業効率をぐっと上げることが可能です。

CSMの導入事例

派遣会社の負担を減らすことに成功!

業務の見える化に成功。派遣会社様への負担軽減が可能に!

引用元:CSM公式HP https://csm.hr-g.co.jp/

業務効率を改善!

アナログ業務がCMSで改善。業務の効率化に寄与!

引用元:CSM公式HP https://csm.hr-g.co.jp/

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -