ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » The Staff-V

The Staff-V

人材ビジネス業に必要な機能をワンパッケージで対応するthe staff vをご紹介します。

The Staff-Vの特徴

運用の粒度によってシステムプランが分かれており、自社に最適なプランを選ぶことでスムーズな運用を可能にします。

戦略的に事業展開をしている場合、あらゆる機能を一元管理できるゴールドシステムを駆使することで、現場の負担を抑えた運用が可能です。

人材ビジネス業に特化していることから、一般的な人事管理システムでは見られない機能が多数搭載されており、便利に活用ができます。

The Staff-Vのできること

The Staff-Vの費用

Web上で情報を見つけることができませんでした。

立場別に見るThe Staff-V導入のメリット

派遣元のメリット

勤怠管理はもちろん、給与管理や請求管理をひとつのシステムで完結できるため、業務を円滑に進められます。また、同じ担当者がひとつのシステムで幅広い業務を担当することもできるため、安定した稼働を見込むことも。給与や請求の際に生じた帳票は再発行もでき、適当なタイミングで出力できます。

派遣先のメリット

就業条件などを契約ごとに細かく管理できるため、人の手を煩わせることがありません。契約関係の書類も自由にレイアウト編集を行うことはもちろん、過去分の再発行も可能なため、必要に応じた作業を行うことが可能です。必要に応じて勤怠は一括作成することもでき、勤務体系に即した形で運用管理も可能です。

派遣社員のメリット

一度履歴書をシステム上に登録してもらえば、何度も登録し直す必要がありません。案件に応じて担当営業が必要な情報を抽出してくれます。また、タイムシートは毎日簡単に登録することができるため、勤怠入力に大きな負担が掛かりません。このような特色を活かすことで、手軽に勤務状況を連携もできます。

The Staff-Vの導入事例

支店が増えたために扱うデータが膨大に

導入前は給与計算ソフトとエクセルを併用していましたが、支店が増えたために扱うデータが膨大になってきました。

また個人情報保護の点から見直しが必要になったことから、機能やサポートが充実している『The Staff-2000』に決めました。

参照元:ビジネスアプリケーション(https://www.b-appli.co.jp/invitation/voice.html)

データベース化とともにリンク機能で履歴書も参照可能

『The Staff-2000』は人選での検索がしやすく、データベース化とともにリンク機能で履歴書なども参照できる。

また連絡履歴も残せるなど、求める機能を満たしていたことが決め手となりました。

参照元:ビジネスアプリケーション(https://www.b-appli.co.jp/invitation/voice.html)

親切に対応してもらえるので困ったときにも安心

データをCSV形式に落とせることや、必要な情報を絞り込んだ状態で一括して変更ができ時間が短縮されるなど、とても便利ですね。

また分からないことは、サポートセンターに問い合わせると、どんなささいなことでも、親切に対応してもらえるので困ったときにも安心です。

参照元:ビジネスアプリケーション(https://www.b-appli.co.jp/invitation/voice.html)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円