ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » フォーカス人材派遣管理

フォーカス人材派遣管理

低価格で導入できて、さまざまな業種に対応するフォーカス人材管理。その機能や費用、導入事例などをまとめてみました。

フォーカス人材派遣管理の特徴

フォーカス人材派遣管理は、本体価格15万円〜という低価格で導入できる、オンプレミス型の派遣管理ソフトです。

さまざまな派遣業務の規模・形態に対応できることが特徴。

複雑な処理に対応できることから、業種や事業形態による処理の違いがあっても一元管理が可能です。

フォーカス人材派遣管理のできること

フォーカス人材派遣管理の費用

立場別に見るフォーカス人材派遣管理導入のメリット

派遣元のメリット

勤怠管理の入力さえ正確にできていれば、給与計算などが楽になります。

派遣先のメリット

複雑なシフト管理にも対応しているので、派遣先会社にとっても勤怠管理がしやすくなります。

派遣社員のメリット

靴や制服のサイズなどの細かい情報を登録できるので、現場が変わっても細かなやりとりをしなくて済みます。

フォーカス人材派遣管理の導入事例

毎日の勤怠の入力だけでOK

毎日の勤怠さえちゃんと入力しておけば得意先への請求は簡単なので、ずいぶんと負荷が軽減されました。

月末の締め処理と請求だけで数日かかっていたものが、今では早ければ2〜3時間ほどで済むようになりました。

参照元:フォーカス人材派遣管理(https://www.haken-focus.jp/50case/)

Excelよりも最適なものを導入できた!

以前はほとんどExcelでやっていたんですが、もっと便利なものがあるはずだと思って調べはじめました。

他社のものは高額で、うちに合うかどうか分からなかったので選びませんでした。

フォーカスは、カスタマイズも柔軟に対応できてよかったです。

予算の関係で理想の環境にはいたっていませんが、これから追加していくつもりです。

参照元:フォーカス人材派遣管理(https://www.haken-focus.jp/50case/)

外部ソフトとの連携も試してみたい

いまは給与計算は別のソフトを使っていますが、CSVデータで弥生給与などと連携できると聞いているので、勤怠集計と給与計算をフォーカス人材派遣管理で、源泉徴収票の発行を弥生給与でやってみるのもいいかなと思っています。

参照元:フォーカス人材派遣管理(https://www.haken-focus.jp/50case/)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円