ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » e-TimeCard

公開日: |更新日:

e-TimeCard

引用元HP:e-TimeCard公式HP
https://www.e-staffing.co.jp/e-timecard/

e-TimeCardは、派遣先会社が派遣社員の勤怠申請、承認業務を効率化するためのシステムです。

e-TimeCardの機能・できること

主な機能

その他の機能・システム

ここで紹介しているシステム以外にもトップページでは、月額費用・機能面で比較したおすすめの派遣勤怠管理システムを紹介しています。
派遣勤怠管理システムの導入を検討している人は是非ご参考ください。

おすすめ派遣勤怠管理システム4選へのリンク

e-TimeCardの導入費用・料金

e-TimeCardの初期導入費用は無料です。利用料金は派遣スタッフ1名の勤怠入力につき、半月で50円に設定されています。導入コスト以外にも、基本料金やオプション料金は無料です。コストの負担少なく、勤怠管理ができるようになります。

e-TimeCardのサポート体制

運営会社のイー・スタッフィングは、サポートサービス業界国際機関HDIのサポートセンター認定制度、HDIサポートセンター国際認定を取得しています。HDI七つ星認定センターの称号を取得しているため、高いレベル誇っているのが特徴です。

派遣勤怠管理は、機能数ととコスパで選ぼう!

勤怠管理システムを導入したい!でも必要な機能が備わっていないとなかなか許可も下りない。
そこで、当サイトでは機能が充実していて、かつコストパフォーマンスのよい派遣に特化した勤怠管理システムを選定し、比較しています。
勤怠管理システムの導入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

月額費用×対応機能数で比較!
派遣勤怠管理システム4選

e-TimeCardの特徴

安い費用で充実のサポート

基本料金やオプション料金を含め、初期導入費用が無料となっています。利用料金はスタッフ1名につき半月で50円ですが、1名から契約が可能であるため、まずは少人数で契約して使い勝手を確認した後、本格的に導入することも可能です。派遣社員以外にも、アルバイトや契約社員、自社社員などの管理もできます。

利用マニュアルも完備されているため、新規スタッフの多い職場でも安心して使用できます。マニュアルを見ても解決できない場合は、メールサポートに加え、平日9時~19時までの電話サポートで対応してくれるため、すぐに疑問を解消することができます。

勤怠申請と承認業務に特化した機能

e-TimeCardの特徴は、勤怠管理システムのみに特化したシンプルな機能です。e-TimeCardのサービスを提供している株式会社イースタッフィングは、e-staffingシステムという派遣業務プロセスを一律で管理するシステムを提供しており、そのシステムにも勤怠管理の機能が含まれています。しかし、機能が豊富なシステムを求める企業ばかりではありません。勤怠管理システムだけを利用したい場合、e-TimeCardを契約することで業務の効率化をはかることができます。e-TimeCardの契約は、e-staffingシステムと比べ操作方法もシンプルで、月額利用料金もスタッフ1名あたり半月で50円と安く抑えられる点がメリットとして挙げられます。

スマートフォンなどマルチデバイス対応

e-TimeCardはパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットからの入力にも対応しています。派遣先によって在宅勤務などさまざまな就業形態が考えられるため、社外での入力が可能でマルチデバイス対応なのは嬉しいポイントだと言えます。

ウェブ上での勤怠管理が可能となるため、ペーパーレス化が促進されるほか、管理スタッフが出先で承認作業を行うこともできます。紙での勤怠管理とは違いどこでも承認作業ができるため、管理スタッフの手間も減らすことができます。

e-TimeCardの導入事例・口コミ評判

e-TimeCardに関する口コミ・レビューは見つかりませんでした。

e-TimeCardが向いている派遣会社とは

勤怠管理に特化したシステムを使いたい派遣会社に向いているシステムです。豊富な機能を特徴としている勤怠管理システムが多く、勤怠管理以外にもさまざまな管理が可能ですが、シンプルな機能を求めている場合、e-timeCardが向いているでしょう。また、勤怠管理に特化しているため、他社のサービスと比べて利用コストを抑えられます。

導入するまでの流れ

1.申込書類の請求

最初はe-staffingに連絡し、申込書類の請求をします。

2.書類の提出

利用開始最短3営業日前に、業務委託契約書や請求書送付先、登録依頼書、利用設定依頼書をe-staffing に提出。

3.基本情報登録

利用開始の最短1営業日前に、e-staffingのe-TimeCardメニューで。基本登録をします。基本登録とは、基本情報の登録や各種設定です。

4.運用スタート

基本情報の登録が終わったら運用開始です。運用開始まで、3ステップのためむずかしくありません。

e-TimeCardの操作画面イメージ

ログイン画面

引用元:e-TimeCard公式HP
https://www.e-staffing.co.jp/e-timecard/

勤怠申請画面

引用元:e-TimeCard公式HP
https://www.e-staffing.co.jp/e-timecard/

e-TimeCardの運営会社情報

派遣勤怠管理は、機能数ととコスパで選ぼう!

勤怠管理システムを導入したい!でも必要な機能が備わっていないとなかなか許可も下りない。
そこで、当サイトでは機能が充実していて、かつコストパフォーマンスのよい派遣に特化した勤怠管理システムを選定し、比較しています。
勤怠管理システムの導入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -