ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » おしごとQR

公開日: |更新日:

おしごとQR

こちらでは派遣スタッフの勤怠管理に特化したクラウド勤怠管理「おしごとQR 派遣バージョン」についてご紹介。システムとしての特徴や対応できる機能のほか、口コミ評判(導入事例)、さらには派遣元・派遣先・派遣社員から見た導入のメリットを解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

おしごとQRの特徴

おしごとQR 派遣バージョンは派遣スタッフの勤怠管理をデジタル化することにより、大幅な効率化・省力化を実現する勤怠管理システムであるとアピールされています。単に派遣スタッフの出退勤時刻を記録するというだけでなく、派遣先管理者によって勤怠承認を行えるのが大きな特色。派遣スタッフの勤怠管理フローを大きく変えることなく、勤怠管理をデジタル化できるというメリットがあります。

これまでの紙の勤怠管理では、派遣スタッフが勤怠表に出退勤時刻を記入し、派遣先管理者の承認印を受け、その勤怠表を派遣会社に郵送やFAXで送付するという、非常に面倒かつ非効率的な作業を強いられていましたが、デジタル化・オンライン化によって、そうした作業の無駄を大きく軽減できるとしています。

おしごとQRのできること

派遣の勤怠管理システムおすすめ4選【月額費用×機能数で比較】|ハケカン

おしごとQRの費用

※上記プラン別費用に加え、初期設定費110,000円が別途必要
※200人以上の場合も応相談

立場別に見るおしごとQR導入のメリット

派遣元のメリット

これまでのように紙の勤怠表が送付されるのを待つ必要がなく、オンライン上でリアルタイムでのスタッフの勤怠状況を確認可能。派遣先に派遣スタッフの出勤状況を電話で確認するということも不要になります。紙の勤怠表を手動で入力する必要もなくなり、記入漏れによる給与計算のミスといったリスクからも解放されます。

派遣先のメリット

担当スタッフが派遣スタッフの出社時間、退社時間をいちいち確認し、その都度ハンコを押すという作業がデジタル化によって不要に。浮いた時間を他の業務に割り当てることができるようになり、ひいては残業時間の削減にもつながります。

派遣社員のメリット

これまでのように機械式タイムカードに出勤時間を打刻し、その時刻を紙の勤怠表に記入し、さらには承認のハンコをもらうという一連の作業が、スマートフォン打刻ですべて自動化されます。自分の労働時間もリアルタイムで把握でき、休暇の申請などもシステム上で行えるようになります。

おしごとQRの導入事例

おしごとQRの公式HP には、同システムの導入事例は記載されていませんでした。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -