ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは? » 派遣と出向の違いとは?

公開日: |更新日:

派遣と出向の違いとは?

派遣と出向は似ていますが、両者は異なる雇用形態です。明確な違いが分からない方も少なくないでしょう。このページでは、派遣と出向の違いについて、また、偽装出向と見なされないために注意すべき点についても紹介します。

 

派遣と出向の違い

 

派遣と出向の決定的な違いは「雇用形態」にあります。派遣と出向、それぞれの雇用形態を見ていきましょう。

派遣は「派遣元」と雇用契約を結ぶ

派遣労働は、派遣元、派遣先、派遣社員の3者が関係する労働形態です。派遣社員は、派遣元(派遣会社)と雇用契約を結びます。実際に働くのは派遣先の会社ですが、この派遣先の会社と派遣社員の間には雇用契約はありません。派遣先の指揮下で労働に従事するものの、その派遣先とは雇用契約を交わさないのが派遣の特徴です。

出向は「出向先」と雇用契約を結ぶ

出向とは、派遣元(出向元)の社員という身分を保ったまま、系列企業や関連会社に出向して仕事をするという労働形態です。この場合、出向社員は出向先の企業と雇用契約を交わします。出向元の社員として、別の企業と雇用契約を結んで働くというのが出向の特徴です。

派遣と在籍出向の違い

 

出向には、「在籍出向」と「転籍出向」の2形態があります。在籍出向は、出向元と出向先の両方で雇用契約を交わして仕事をする労働形態です。転籍出向は、出向元との雇用契約を解除した後、出向先と新たに雇用契約を結んで労働に従事します。

このうち、在籍出向は派遣と似ていると思われるかもしれません。両者とも派遣元/出向元と雇用契約が交わされているからです。しかし、派遣の場合は派遣先とは雇用契約を結ばないのに対し、在籍出向では出向元だけでなく、出向先の別企業とも雇用契約が交わされています。ここが両者の違う点です。

また在籍出向では二重の雇用契約を結んで働くため、何かトラブルが起きた場合の責任の所在を決めておく必要がありますが、雇用契約を結ぶのが派遣元のみとなる派遣ではその必要はありません。

偽装出向に見なされないよう注意

 

上述の通り、派遣と出向は雇用のあり方において大きな違いがあります。しかし、出向先の企業がこの違いを認識できていない場合、契約上は出向の形式をとっていても、労働者供給事業を実施したことになり、「偽装出向」と見なされる恐れがあるので注意が必要です。

偽装出向と見なされないためには、以下の対策を行う必要があります。

特に注意したいのは、出向の目的を明確にしておくことです。目的が不明確なままだと、営利目的と疑われてしまう可能性があります。いかなる出向でも実施する目的を明らかにし、社内で周知徹底させておくといいでしょう。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -