ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは? » 紹介予定派遣とは?

公開日: |更新日:

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは、派遣社員が派遣先企業と直接契約を結ぶことを前提として、一定期間の人材派遣を行うシステムのこと。ここでは、紹介予定派遣の仕組みとメリット・デメリットを解説します。

紹介予定派遣の仕組み

紹介予定派遣は人材紹介と派遣を組み合わせたサービス。候補となる人材を派遣社員として受け入れて、業務に従事してもらい、派遣期間中に正式採用の可否を下します。双方の合意が取れた場合に正式に自社の社員としての採用が決定するという仕組みです。

紹介予定派遣で派遣された社員は社員候補としての位置づけですが、派遣期間中の雇用主は派遣元企業(エージェント)となります。一般的な派遣社員と同等の待遇になるのが特徴です。

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣のメリットを派遣元・派遣先・求職者に分けて解説します。

派遣元

継続した収益が得られることやコストがかからず利益率が高いことがメリットに挙げられます。派遣社員が派遣先企業で働いている間は継続して収入が得られるのです。

人材派遣業は派遣社員にかかるコストが大きいため、最終的な利益率は低くなってしまいます。そして人材紹介業は人材派遣業のように人材の教育訓練などのコストがかからないため、利益率が高めになるのが特徴。

紹介予定派遣は、人材派遣業と人材紹介業の長所を持ち合わせたメリットを持つのです。

派遣先

派遣先の紹介予定派遣のメリットは、金銭的コスト・時間的コストを削減できる点にあります。

具体的には求人の広告費や面接・試験の費用、人件費、問い合わせの応対の時間削減、面接や試験の時間削減などです。紹介予定派遣では最長6か月の労働を見てから採用の可否を決定します。そのため、面接・試験だけではわからない人柄を把握できたり、業務・環境へのミスマッチを防げたりといったメリットもあるのです。

求職者

実際に働いてから入社するかどうかを決められるのが求職者のメリットです。万が一相性の悪い会社に入社してすぐに転職したい場合でも、派遣会社が次の就職先を探すのを代行してくれます。そうした手間がかからないのもメリットになり得るでしょう。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣のデメリットを派遣元・派遣先・求職者に分けて解説します。

派遣元

派遣元から見た紹介予定派遣のデメリットは、教育訓練を行って育てた派遣社員が派遣先企業に流出してしまうことや継続的な収益を得られる期間が短いことなどが挙げられます。一般派遣や特定派遣では3年間の派遣ができる一方、紹介予定派遣は最長6か月と短いためです。

派遣先

紹介予定派遣は紹介手数料がかかるのが難点。直接雇用が決まった際に発生する手数料ですが、これが安くないためコスト面でのデメリットとなります。またすぐに辞めてしまうリスクがあるのもデメリットの一つです。

求職者

求職者から見た紹介予定派遣のデメリットは、企業の選択肢が狭いことが挙げられます。基本的に派遣元企業と繋がりのある企業しか選択肢に入らないためです。また直接雇用ではなく契約社員としての雇用があり得るのもデメリットに挙げられるでしょう。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -