ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » HRstation(エイチアールステーション)

HRstation(エイチアールステーション)

エイチアールステーションは、派遣先会社が派遣社員の一元管理・運用を効率化するためのシステムです。

HRstation(エイチアールステーション)の特徴

エイチアールステーションは、派遣社員を受け入れる会社が、派遣社員を効率よく管理するためのサポートシステムです。

コンプライアンス管理と業務効率アップが大きなメリットで、情報共有や運用フローの統一に役立ちます。

自社の派遣社員の受け入れ状況を、全体として把握できていないケースは往々にしてあります。

エイチアールステーションを導入することによって、どの部署に何名の派遣社員がいるのか、契約内容はどうなっているのか、可視化して一元管理することができます。

また人材調達においても、複数社に電話やメールをして発注するのは面倒。

エイチアールステーションを利用すれば、派遣システムを統合して効率よく発注作業を進めることができます。

HRstation(エイチアールステーション)のできること

HRstation(エイチアールステーション)の費用

Web上で情報を見つけることができませんでした。

立場別に見るHRstation(エイチアールステーション)導入のメリット

派遣元のメリット

コンプライアンスを徹底できるので、スタッフの働きやすさ改善が可能。また人材発注のフローが改善されることで、コミュニケーションがスムーズになります。

派遣先のメリット

契約している派遣社員の情報を、全社的に一元管理でき、コストの分析・検討がしやすくなります。また人材発注や勤怠管理が楽になるというメリットもあります。

派遣社員のメリット

派遣社員のメリットについては、特に記載がありませんでした。

HRstation(エイチアールステーション)の導入事例

改正派遣法に対応しているのが助かりました

改正派遣法によって、一気にシステム管理が必要な状況になりました。

派遣法は複雑で、行政指導の難しさという問題もある中で、法定項目を満たすエイチアールステーションはコンプライアンス対応の意味で非常に役立ちました。

参照元:HRstation(https://www.k-evolva.com/services/haken-system/)

以前のシステムでは対応できなかったことが対応できた

人材派遣管理システムを導入してからは、社内のコンプライアンス意識を高め、厚生労働省の「派遣先指導」での適合性を高めていくことになりました。

派遣契約書も、以前から使っていたものは必要項目を満たしていないものがあったようで、それが見つかったこともシステム導入の隠れたメリットと言えます。

参照元:HRstation(https://www.k-evolva.com/services/haken-system/)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×