ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » HRビジネスクラウド

HRビジネスクラウド

人材派遣会社のマッチングをサポートするHRビジネスクラウドについて、その機能や特徴、導入事例をご紹介します。

HRビジネスクラウドの特徴

HRビジネスクラウドは、1500社の導入実績がある(2020年2月現在)人材紹介・派遣特化型マッチングシステムです。

外部システムとの連携も可能で、自社の業務フローに合った形で導入することができます。

求人情報や求職者の情報を、自社サイトと求人媒体で自動的に連携させることができます。

常に新しい情報を利用することができ、獲得直後の案件や候補者のマッチングをワンステップで行うことができます。

マッチングに特化したサービスですが、もちろん派遣業務全般をサポートする機能が用意されています。

求人情報のマスター、登録スタッフのマスターを参照し、検索・マッチングするところから、JOB打診・企業への推薦を経て、実際の業務での就業管理・更新管理・入社管理などができます。

人材派遣業務は一方で人材のマッチングや企業への推薦、また人材の開拓・獲得など、やることがたくさんあります。

その中で業務進捗管理もできるオールインワンパッケージとなっています。

HRビジネスクラウドのできること

HRビジネスクラウドの費用

立場別に見るHRビジネスクラウド導入のメリット

派遣元のメリット

案件と人材の情報を一元管理することで、マッチングを効率よく行うことができます。

派遣先のメリット

派遣先会社のメリットについては、特に記載がありませんでした。

派遣社員のメリット

派遣社員のメリットについては、特に記載がありませんでした。

HRビジネスクラウドの導入事例

カスタマイズ性の高さが魅力

一番はカスタマイズが自由にできることです。あと単純に、触ったときに使いやすいと感じました。

クラウドベースなので、サーバーのメンテナンスやソフトのアップデートから解放されたことも魅力ですね。

参照元:HRビジネスクラウド(https://hrbc.porters.jp/case/detail/id=561)

求職者対応を一気に効率化

大きく業務効率が上がりました。これまで応募者対応は、コンサルタントがメールで行っていました。

求職者がどの求人に応募したかを手動で検索し一つひとつ対応していたのです。多い人は一日かかっていたことも。

HRBCを導入した後は、定型文を送るだけなので、1時間程度に短縮されました。

参照元:HRビジネスクラウド(https://hrbc.porters.jp/case/detail/id=550)

業務の均一化によってアウトプットの質が向上

HRBCの導入前は、コンサルタントごとに管理方法も進め方も違っていました。さまざまな場面で、各自が自分の判断で業務を進めていたのです。

けれどHRBCを導入してからは、細かなデータ取得や、選考プロセスの管理などができるように。

コンサルタントごとでばらつきがあった業務が均一化し、選考の抜けや漏れなどもなくなって、アウトプットの質が上がりましたね。

参照元:HRビジネスクラウド(https://hrbc.porters.jp/case/detail/id=496)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×