ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » for Microsoft Dynamics(フォーマイクロソフトダイナミクス)

for Microsoft Dynamics(フォーマイクロソフトダイナミクス)

Microsoft Dynamicsの機能や特徴について、詳しくリサーチしてみました。

for Microsoft Dynamics(フォーマイクロソフトダイナミクス)の特徴

Microsoft dynamicsは、マイクロソフト社が提供するSFA(営業支援システム)・SRM(電子調達・購買システム)・ERP(基幹系情報システム)の総合システムです。

このうち、勤怠などの人事管理についてはMicrosoft Dynamics 365 for Finance and Opereationsというパッケージに含まれています。

主に製造業の基幹業務を想定して設計されているものですが、人事管理に利用することもできます。

人事管理機能を利用すれば、スタッフの応募から退職までの情報を包括的に把握することができます。

スタッフの出勤・退勤の登録を行なって、各自のタスクに対する作業時間の割り当てを行い、また給与管理システムに反映させることも可能。

つまり、勤怠情報とタスクコントロールの情報を給与の自動計算に反映させることができることを意味しています。

また案件に対して適切な人材をピックアップし、効率よく配置するためのサポートにも役立ってくれます。

案件だけでなく、トレーニングに関しても日程表、コース編成、参加者層などの情報を含んだトレーニングコースの設定などができます。

このDynamicsシリーズの特筆すべき特徴は、マイクロソフトが提供するオフィスソフトと連携している点。

普段使っているExcelやWordと連携させて、情報を基幹システムに取り込み、活用することができるのです。

また、FMLAやADAといった世界的な規制の変化に対応するコンプライアンスを意識した労務管理も可能です。

休暇や欠席の報告を簡素化し、また給与計算などに反映させることができます。

従業員にも「セルフサービス」という機能が用意されており、自身の情報の更新や休暇申請、トレーニング、パフォーマンスの追跡といった情報を利用することができます。

for Microsoft Dynamics(フォーマイクロソフトダイナミクス)のできること

for Microsoft Dynamics(フォーマイクロソフトダイナミクス)の費用

立場別に見るfor Microsoft Dynamics(フォーマイクロソフトダイナミクス)導入のメリット

派遣元のメリット

オフィスシリーズとの連携が便利です。インターフェイスもオフィスシリーズと統一されているので、WordやExcelに慣れていれば抵抗なく導入できます。

派遣先のメリット

派遣元と同じように、オフィスシリーズとの連携をしながら労務管理が可能です。

派遣社員のメリット

セルフサービス機能を利用して、自己のスキルやタスクの進捗などを管理・参照することができます。

for Microsoft Dynamics(フォーマイクロソフトダイナミクス)の導入事例

Web上で情報を見つけることができませんでした。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×