ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは? » 外国人労働者派遣のメリット・デメリット

公開日: |更新日:

外国人労働者派遣のメリット・デメリット

外国人労働者派遣を利用するメリットとデメリットについて詳しく解説します。

企業へ外国人労働者を派遣できる条件

企業に派遣される外国人労働者には、ある一定の条件があります。まず就労ビザを所持している外国人でなければ、派遣契約を締結することはできません。

企業が外国人労働者を派遣してもらうメリット

それでは外国人労働者を派遣してもらうことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット1:日本の文化や言語に対して理解がある

まず派遣される外国人労働者は、派遣会社から日本文化や言語に関する学習を受けていることが多いため、日本の企業にも馴染みやすいことがメリットとしてあげられます。

外国人労働者を雇用すると、日本人労働者の雇用と比べて価値観や文化の違いが問題になることもありますが、派遣であればそのような可能性は低いと考えられるでしょう。

メリット2:コストパフォーマンスが良い傾向がある

外国人派遣労働者の雇用は、日本人労働者に比べてコストパフォーマンスが良い傾向があります。もちろんケースバイケースではあるでしょうが、日本人を雇うよりも外国人派遣労働者を雇用したほうが費用対効果に優れる可能性が高い傾向です。

メリット3:人手不足を解消できる

現在の日本では、少子高齢化による人手不足に悩んでいる企業も少なくありません。しかし外国人労働者を派遣してもらうことで、国内だけに目を向けると難しい人員の確保がスムーズに進むこともメリットと言えます。

東南アジアなどでは国外の就労が推奨されており、日本で働きたいという強い意欲を持つ外国人も多くいます。そのため日本の企業にとっては、懸命に仕事に取り組んでくれる人員を確保するための有効な手段と言えるでしょう。

企業が外国人労働者を派遣してもらうデメリット

外国人労働者を派遣してもらうことには、メリットだけではなく次のようなデメリットもあります。

デメリット1:コミュニケーション力が低い傾向がある

派遣される外国人労働者は、日本の文化や言語に対してすでに学習していることが多いですが、やはり日本人労働者と比べるとコミュニケーション力が低い傾向にあることは否めません。

言葉も日本人のように流暢ではないでしょうし、たとえば接客業などでは雇用が難しいことが多いでしょう。 派遣とは言え、外国人労働者であることを考慮して、コミュニケーション力に高い期待を持たないことが大切です。

デメリット2:生活習慣や宗教上の違いがある

外国人労働者が生まれ暮らしていた環境は、日本のものとは大きく違うことも少なくありません。そのため生活習慣や宗教上の違いが大きく感じられることもあります。 たとえばイスラム教の女性は、親族以外の男性に見られないように頭や髪を布で隠すことがマナーとされています。

また中国ではお釣りを投げて渡すのは生活習慣のようなものだとされているのです。 外国人労働者にとって生活習慣や宗教上の価値観が認められないのは大きなストレスになるので、理解し受け入れなければトラブルへと発展する可能性もあるでしょう。

デメリット3:派遣雇用ができない場合がある

派遣で外国人労働者を雇うことには多くのメリットがありますが、職種によっては派遣雇用ができない場合もあります。たとえば港湾運送・建設・警備・医療などが該当の職種です。これらの職種の場合は外国人労働者を派遣で雇用することはできませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -