ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは? » 外国人労働者派遣のメリット・デメリット

公開日: |更新日:

外国人労働者派遣のメリット・デメリット

外国人労働者派遣を利用するメリットとデメリットについて詳しく解説します。

企業へ外国人労働者を派遣できる条件

企業に派遣される外国人労働者には、ある一定の条件があります。まず就労ビザを所持している外国人でなければ、派遣契約を締結することはできません。

企業が外国人労働者を派遣してもらうメリット

それでは外国人労働者を派遣してもらうことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット1:日本の文化や言語に対して理解がある

まず派遣される外国人労働者は、派遣会社から日本文化や言語に関する学習を受けていることが多いため、日本の企業にも馴染みやすいことがメリットとしてあげられます。

外国人労働者を雇用すると、日本人労働者の雇用と比べて価値観や文化の違いが問題になることもありますが、派遣であればそのような可能性は低いと考えられるでしょう。

メリット2:人件費を抑えられる

外国人派遣労働者の雇用は、日本人労働者に比べて人件費が安い傾向にあります。もちろんケースバイケースではあるでしょうが、外国人派遣労働者の雇用の雇用は人件費の圧縮にも繋がります。

メリット3:人手不足を解消できる

現在の日本では、少子高齢化による人手不足に悩んでいる企業も少なくありません。しかし外国人労働者を派遣してもらうことで、国内だけに目を向けると難しい人員の確保がスムーズに進むこともメリットと言えます。

東南アジアなどでは国外の就労が推奨されており、日本で働きたいという強い意欲を持つ外国人も多くいます。そのため日本の企業にとっては、懸命に仕事に取り組んでくれる人員を確保するための有効な手段と言えるでしょう。

企業が外国人労働者を派遣してもらうデメリット

外国人労働者を派遣してもらうことには、メリットだけではなく次のようなデメリットもあります。

デメリット1:語学によるコミュニケーションの壁

派遣される外国人労働者は、日本の文化や言語に対してすでに学習していることが多いですが、日本人労働者と比較すると、どうしても語学によるコミュニケーションの壁が存在します。

たとえば接客業などではある程度の語学力が必要です。 外国人労働者であることを考慮して、業務の内容とコミュニケーションの難易度に応じた起用を検討しましょう。

デメリット2:生活習慣や宗教上の違いがある

外国人労働者が生まれ暮らしていた環境は、日本のものとは大きく違うことも少なくありません。そのため生活習慣や宗教上の違いが大きく感じられることもあります。 たとえばイスラム教の女性は、親族の男性以外の前では頭や髪を布で隠すことがマナーとされています。

また中国ではお釣りを投げて渡すのは生活習慣のようなものだとされているのです。 外国人労働者にとって生活習慣や宗教上の価値観が認められないのは大きなストレスになるので、雇用する側も事前に把握をして、理解しておかなければトラブルへと発展する可能性もあるでしょう。

デメリット3:派遣雇用ができない場合がある

派遣で外国人労働者を雇うことには多くのメリットがありますが、職種によっては派遣雇用ができない場合もあります。たとえば港湾運送・建設・警備・医療などが該当の職種です。これらの職種の場合は外国人労働者を派遣で雇用することはできませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

派遣向け
勤怠管理システム一覧を見る

このサイトでは、派遣の勤怠管理に悩む方に向けて、労働者派遣法に関する情報や派遣会社向け勤怠管理システムを紹介しています。
トップページでは、月額費用・機能面で比較したおすすめの派遣勤怠管理システムを紹介していますのでシステム導入を検討している人は是非ご参考ください。

Dispatch management
月額×機能で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム3選
自社に合った
派遣会社向け勤怠管理システム
変則勤務のような
複雑なシフト形態の管理なら
デジシート
デジシート公式HPキャプチャ
引用元:デジシート公式HP
(https://www.huapp.co.jp/service/digisheetdispatched/)
特徴
  • 派遣企業・派遣社員ごとの情報管理や、勤務パターン・勤務シフトを設定できる
  • 残業時間の警告や週40時間超の労働時間の残業計上などをシステムが自動で行う
単発スタッフの管理を
強化するなら
e心伝心
e心伝心公式HPキャプチャ
引用元:e心伝心公式HP
(https://e-densin.jp/)
特徴
  • 派遣スタッフの「出勤状況」だけでなく、「出発」「前日確認」まで管理が出来る
  • モーニングコールによる派遣スタッフの起床確認も対応
勤怠管理システムの
費用削減を図るなら
ハーモス勤怠
ハーモス勤怠公式HPキャプチャ
引用元:ハーモス勤怠公式HP
(https://hrmos.co/kintai/)
特徴
  • 一人当たりにかかる料金が100円~(31人以上利用の場合)
  • 「日次勤怠」「承認」等といった基本機能のみを備えたシンプルなシステム
会社名・サービス名 デジシート公式HP e心伝心公式HP ハーモス勤怠公式HP
月額費用/100人 39,000円 30,000円 10,000円
勤怠管理
オンラインで勤怠承認 - -
スケジュール管理
契約管理 別システムにて可能 別システムにて可能
給与計算 別システムにて可能
モバイル対応
他システムとの連携 外部勤務データの取り込み - SLACK,LINEを使った打刻
リアルタイムでの勤怠管理
残業時間の計上・残業時間超過の警告
※警告はオプション
-
勤務パターンを複数登録できる - -
遅刻を防止する機能 -
※オプション
-
会社名・サービス名 デジシート公式HP e心伝心公式HP ハーモス勤怠公式HP