ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » KING OF TIME(キングオブタイム)

公開日: |更新日:

KING OF TIME(キングオブタイム)

引用元:KING OF TIME(キングオブタイム)公式HP
https://www.kingoftime.jp/

勤怠管理クラウド「キングオブタイム」について、システムの特徴や対応機能、口コミ評判(導入事例)などをまとめています。

KING OF TIME(キングオブタイム)の機能・できること

主な機能

その他の機能・システム

ここで紹介しているシステム以外にもトップページでは、月額費用・機能面で比較したおすすめの派遣勤怠管理システムを紹介しています。
派遣勤怠管理システムの導入を検討している人は是非ご参考ください。

おすすめ派遣勤怠管理システム4選へのリンク

KING OF TIME(キングオブタイム)の導入費用・料金

それぞれ詳しく見ていきましょう。

初期費用:0円

キングオブタイムは初期契約費用0円で利用可能です。共用PCや従業員のスマホ等を使って打刻する場合は費用はかかりません。

ただし、交通系ICカードで打刻可能な打刻機や指紋・指静脈認証リーダーなど一部の打刻機を利用する場合は、打刻機本体の購入費用がかかります。なるべく費用を抑えたい、不正打刻を防止したいなどニーズによって選べるのが魅力的。有料の打刻機には以下のような種類があります。

月額費用:300円(税抜)/1人

利用人数に応じてランニングコストが変動する従量課金制を採用しており、1人あたり300円かかります。たとえば登録されている社員数が25人の場合は月額7,500円(税抜)、100人の場合は月額30,000円(税抜)でとなります。

以前は打刻人数に応じた従量課金制でしたが、2023年10月1日以降に無料体験を開始する場合は登録人数に応じた従量課金制となるので要注意。入社日前にシステムに登録された従業員や休職中の従業員も課金対象となります。

※2023年9月30日以前から利用している場合は、2025年3月利用分まで打刻人数に応じた従量課金制が適用されます。

KING OF TIME(キングオブタイム)のサポート体制

キングオブタイムでは無料・有料のサポートプランを用意しています。

無料サポートはadmin全権管理者のみ質問でき、メール・チャット・電話予約での相談が可能。トライアル中でも同様のサポートが受けられます。

有料のサポートプランには、スポットで支援が受けられる「プレミアムサポート活用支援(30,000円/2時間)」、専用回線での優先サポートが受けられる「プレミアムサポート運用支援(50,000円/1か月※1年契約一括払い)」、専任担当による支援が受けられる「プレミアムサポート導入支援(500,000円/2か月)」があります。

派遣の勤怠管理システムおすすめ4選【月額費用×機能数で比較】|ハケカン

KING OF TIME(キングオブタイム)の特徴

勤怠管理において、必要となる機能をほとんど網羅するキングオブタイムは、機能性が魅力です。

様々な就業ルールへの対応はもちろん、必要に応じたアラート機能の作成や各種給与ソフトとの連携を実現し、各現場に即した適切な勤怠管理を実装できます。

KING OF TIME(キングオブタイム)の導入事例・口コミ評判

有休管理がすごく楽になった

KING OF TIMEを導入してから何がよかったかというと、私としてはこの有休管理がすごく楽になったということがいちばん大きいですね。

従業員自身が直接自分の有休取得状況を直接確認できるし、また有休の申請も以前は手書きで申請書類を書いていくつもの承認印をもらってまわらなければならなかったのが、KING OF TIMEで一度申請するだけで自動的にフローが流れるのでみんなが楽になりました。

引用元:KING OF TIME(https://www.kingtime.jp/case/randac/)

業務効率化を図ることができた

従来は勤怠管理にエクセルを使用していたため集計までに時間がかかってしまい、負担がかなり大きかったのですが、キングオブタイム導入後は集計作業に加え申請や承認、休暇の管理等もスムーズに行えるようになり、業務効率化を図ることができました。サポートの方も丁寧に対応してくださるので、満足しております。

引用元:KING OF TIME(https://www.kingtime.jp/case/gunosy/)

別の部署でも声かけがしやすくなった

これまで1カ月後でないと把握できなかった勤務形態をリアルタイムに確認できるようになったため、別の部署でも声かけがしやすくなりました。

さらにリフレッシュ休暇や結婚休暇など、同社独自の休暇制度を含む有給申請もサポートできるため、手間が軽減されたという効果もありました。

引用元:KING OF TIME(https://www.kingtime.jp/case/terilogy/)

締め作業の効率化

以前はPCログと申請されている出退勤時間とを照らし合わせながら、従業員一人ひとりのデータを確認し、残業申請の用紙に印鑑が押されていないなど不備を見つけては該当者に連絡して印鑑を押してもらう作業を締め日後に3~4日かけて行っていました。KING OF TIME導入後はその作業が約半日で終わります。多少の不備があっても、各店舗の勤怠管理担当者に連絡してすぐに対応してもらえる体制が整ったので、業務がとても簡素化されました。

引用元:KING OF TIME(https://www.kingoftime.jp/case/cmg_holdings/)

柔軟なデータ検索機能

従業員の名前でデータ検索するときに、ひらがなでもローマ字でも検索できることも便利です。サイトウやワタナベなど漢字が違うけれど、同名の従業員は多い。漢字でしか検索できないと漢字が間違っていたら該当しないのですが、KING OF TIMEではすべて検索に引っかかってくれるので助かります。

引用元:KING OF TIME(https://www.kingoftime.jp/case/lomgrp/)

不正防止と管理の簡素化

打刻のログが残るので不正ができない環境になっていると思います。修正の記録も誰のIDで行ったか履歴が残るので、それも不正防止に役立っていると感じています。あとは紙の管理が減ったので、保存するスペースが削減されました。その他の管理もしやすくなったので管理業務に割く時間も減らすことができました。

引用元:KING OF TIME(https://www.kingoftime.jp/case/kingrun/)

立場別に見るKING OF TIME(キングオブタイム)導入のメリット

派遣元のメリット

これまで紙で勤怠情報を管理していた場合、キングオブタイムで情報をまとめて管理することができます。

また、給与計算システムとも連携させることで、給与へのダイレクト反映も可能です。

また、適宜知っておくと便利な労務情報を配信してくれたり、時差出勤や在宅勤務など多様な働き方に対応しているため、担当者の負荷を抑えられます。

派遣先のメリット

クラウド型の勤務管理のため、個人の携帯やスマートフォンに情報を紐づけることができ、なりすましによる打刻を防ぐことが可能です。

また、承認者権限を細かく分けることが可能なため、細かな承認フローを作成し、承認者権限を分けることも可能です。

部署ごとの権限振り分けはもちろん、人事に権限をまるっと渡しておく運用も可能となります。

派遣社員のメリット

現時点で自身が所持している有給の残数管理や、残業時間の管理などを分かりやすく行うことができるため、時間を上手く活用することが可能です。

また、残業時間が発生する場合、時間に応じたアラートが適宜出てくる点からも、日々勤務時間に意識を向けながら就業できます。

様々な打刻方法の中から適した手法を選択できるため、勤怠登録の抜け漏れをほぼゼロにすることができるでしょう。

KING OF TIME(キングオブタイム)の操作画面イメージ

モバイル(位置情報)打刻 管理画面

引用元:KING OF TIME(キングオブタイム)公式HP
https://www.kingoftime.jp/record/auth_location/

残業管理画面

引用元:KING OF TIME(キングオブタイム)公式HP
https://www.kingoftime.jp/function/overtime/

休暇管理(休暇取得状況の確認)

引用元:KING OF TIME(キングオブタイム)公式HP
https://www.kingoftime.jp/function/vacation/

勤務間インターバル確認画面

引用元:KING OF TIME(キングオブタイム)公式HP
https://www.kingoftime.jp/function/work-style-reform/

KING OF TIME(キングオブタイム)の運営会社情報

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -