ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » KING OF TIME(キングオブタイム)

KING OF TIME(キングオブタイム)

勤怠管理クラウド「キングオブタイム」について、システムの特徴や対応機能、口コミ評判(導入事例)などをまとめています。

KING OF TIME(キングオブタイム)の特徴

勤怠管理において、必要となる機能をほとんど網羅するキングオブタイムは、機能性が魅力です。

様々な就業ルールへの対応はもちろん、必要に応じたアラート機能の作成や各種給与ソフトとの連携を実現し、各現場に即した適切な勤怠管理を実装できます。

KING OF TIME(キングオブタイム)のできること

KING OF TIME(キングオブタイム)の費用

立場別に見るKING OF TIME(キングオブタイム)導入のメリット

派遣元のメリット

これまで紙で勤怠情報を管理していた場合、キングオブタイムで情報をまとめて管理することができます。

また、給与計算システムとも連携させることで、給与へのダイレクト反映も可能です。

また、適宜知っておくと便利な労務情報を配信してくれたり、時差出勤や在宅勤務など多様な働き方に対応しているため、担当者の負荷を抑えられます。

派遣先のメリット

クラウド型の勤務管理のため、個人の携帯やスマートフォンに情報を紐づけることができ、なりすましによる打刻を防ぐことが可能です。

また、承認者権限を細かく分けることが可能なため、細かな承認フローを作成し、承認者権限を分けることも可能です。

部署ごとの権限振り分けはもちろん、人事に権限をまるっと渡しておく運用も可能となります。

派遣社員のメリット

現時点で自身が所持している有給の残数管理や、残業時間の管理などを分かりやすく行うことができるため、時間を上手く活用することが可能です。

また、残業時間が発生する場合、時間に応じたアラートが適宜出てくる点からも、日々勤務時間に意識を向けながら就業できます。

様々な打刻方法の中から適した手法を選択できるため、勤怠登録の抜け漏れをほぼゼロにすることができるでしょう。

KING OF TIME(キングオブタイム)の導入事例

有休管理がすごく楽になった

KING OF TIMEを導入してから何がよかったかというと、私としてはこの有休管理がすごく楽になったということがいちばん大きいですね。

従業員自身が直接自分の有休取得状況を直接確認できるし、また有休の申請も以前は手書きで申請書類を書いていくつもの承認印をもらってまわらなければならなかったのが、KING OF TIMEで一度申請するだけで自動的にフローが流れるのでみんなが楽になりました。

参照元:KING OF TIME(https://www.kingtime.jp/case/randac/)

業務効率化を図ることができた

従来は勤怠管理にエクセルを使用していたため集計までに時間がかかってしまい、負担がかなり大きかったのですが、キングオブタイム導入後は集計作業に加え申請や承認、休暇の管理等もスムーズに行えるようになり、業務効率化を図ることができました。サポートの方も丁寧に対応してくださるので、満足しております。

参照元:KING OF TIME(https://www.kingtime.jp/case/gunosy/)

別の部署でも声かけがしやすくなった

これまで1カ月後でないと把握できなかった勤務形態をリアルタイムに確認できるようになったため、別の部署でも声かけがしやすくなりました。

さらにリフレッシュ休暇や結婚休暇など、同社独自の休暇制度を含む有給申請もサポートできるため、手間が軽減されたという効果もありました。

参照元:KING OF TIME(https://www.kingtime.jp/case/terilogy/)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円