ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » おさえておきたい労働者派遣法の基本とは? » 派遣の抵触日

公開日: |更新日:

派遣の抵触日

「派遣の抵触日」とは、「派遣期間制限が切れた翌日」を意味する言葉です。派遣において抵触日が持つ効力や注意点などについて見ていきましょう。

派遣の抵触日とは

2015年に施行された改正労働者派遣法にて、派遣期間制限は業務内容に関係なく「事業所単位」と「個人単位」の2つの概念に分けて考えられるようになりました。事業所単位・個人単位どちらでも派遣期間制限は3年が限度と定められており、その期限が切れた翌日が「抵触日」です。

抵触日を迎えると派遣先企業は派遣社員を受け入れられず、派遣社員も組織で働けなくなります。

抵触日が起業と個人の満了時期が一致しない場合は、どちらか先に来た方の満期が優先です。

派遣の抵触日についての注意点

3年が契約期間の限度とされているのが一般的ですが、例外もあります。派遣の抵触日の注意点を見ていきましょう。

派遣期間に制限がないケースもある

派遣契約期間の限度は3年と定められていますが、以下のような条件に該当する人は期間に制限を受けません。

企業側の抵触日

派遣先の同じ事業所への派遣可能期間は、3年が上限として定められています。この起算日は労働者派遣を最初に行った日です。また、3年が経過するまでに派遣労働者が交代する、あるいは他の労働者派遣契約に基づく労働者派遣を始める場合でも、起算日は同じとなります。

派遣社員側の抵触日

同一の派遣労働者を派遣先事業所の同じ組織単位に派遣できる期間の上限として、3年という限度が設けられています。ここで言われる「組織単位」は課やグループのこと。

この組織単位を変えるだけで派遣労働者を引き続き同じ事業所に派遣することは可能です。しかし、事業所単位の派遣可能期間を延長しておく必要があります。

また、同じ組織単位で働いている場合には、派遣労働者の行う業務が変更される場合でも、派遣期間が通算して計算されるので要注意です。

派遣の抵触日を延長する方法

派遣の抵触日を延長して労働派遣社員が引き続き派遣先企業で働き続けるためには、派遣先企業が抵触日をあらかじめ通知。さらに、抵触日の一か月前までに意見聴取する必要があります。

事業所単位の派遣期間制限を延長したい場合には、当該事業所の過半数労働組合などに対して、抵触日の一か月前までの意見聴取で延長が可能です。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム4選

派遣と勤怠管理に対応した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

   
勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000円40,000円 50,000円 100,000円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
-
多様な就業形態に
対応可能
- -
派遣社員・
派遣先の情報管理
- -
残業アラート - -
勤務シフトの管理 - - -
携帯GPS管理 -
サポート体制 -