ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » ORDIA(オルディア)

ORDIA(オルディア)

オルディアは、派遣管理を一元的に行うことができるシステム。

1985年から開発が続いており、そのノウハウの蓄積に基づいたシステム設計がアピールポイントの製品です。

ORDIA(オルディア)の特徴

オルディアは、1985年から人材サービス企業向けの管理パッケージを提供しています。

スタッフやクライアントの管理、商談や案件の進捗、契約管理、勤怠・請求・給与管理など、人材派遣業の基幹業務を一括して扱うことができます。

また会計システムなどの周辺サービスとの連携が取れるので、業務の効率化には最適。

事業規模に応じて、必要な機能、また不要な機能があります。それぞれ導入企業の要望に応じてカスタマイズができるほか、後々の事業拡大に伴う拡張なども対応できます。

取り扱う派遣社員の契約形態は幅広く、長期派遣、短期・単発派遣、紹介予定派遣、請負、契約社員の全てに対応。

それぞれの契約データに応じて契約書を自動作成するので、手間がかかりません。

スタッフの情報管理については、豊富な入力項目が用意されています。

経験職種、スキル、資格といった情報はもちろんのこと、メールや連絡の履歴、イメージ保存、セミナー管理、キャリアコンサルティング履歴といったデータを使って管理することができ、これらのデータの9割以上を利用した検索が可能です。

ORDIA(オルディア)のできること

ORDIA(オルディア)の費用

立場別に見るORDIA(オルディア)導入のメリット

派遣元のメリット

スタッフやクライアントの情報管理はもちろんのこと、連絡・商談などの履歴などの管理が可能。データ一元管理により、統計分析やスタッフの就業状況・傾向の分析なども可能です。

派遣先のメリット

派遣元会社は豊富なスタッフ情報をもとにマッチングの提案をするので、派遣先会社としては精度の高い人材の割り当てを受けることができます。

派遣社員のメリット

派遣先会社のメリットと同様に、マッチングの精度が高いことで、希望する、あるいはスキルを活かせる案件の紹介を受けることができます。

ORDIA(オルディア)の導入事例

Web上で情報を見つけることができませんでした。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×