ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » クオリード人材派遣

クオリード人材派遣

独自の「スキルポイント機能」など、人材派遣業に欠かせない機能が満載のクオリード人材派遣。その機能や特徴、導入事例についてまとめました。

クオリード人材派遣の特徴

クオリード人材派遣は、スタッフ管理、クライアント管理、受注管理、請求・給与管理などのあらゆる業務において、データを一元管理することでトータルバックアップするシステムです。

導入から運用、保守まで、派遣業を熟知しているスタッフがサポートしてくれます。安定して使用することができるので、導入の障壁は低いのではないでしょうか。

特徴的なのは、「スキルポイント機能」。求職者のスキルをポイントで管理することで、各スタッフの能力がはっきりと見えるようになります。

見える化したスキルを利用して、囲い込みや離脱防止に役立てることができます。

クオリード人材派遣のできること

クオリード人材派遣の費用

立場別に見るクオリード人材派遣導入のメリット

派遣元のメリット

派遣業務の全般的な効率化・コスト削減はもちろんのこと、上述の「スキルポイント機能」を使って派遣社員のスキルが管理しやすくなるというメリットがあります。

派遣先のメリット

派遣元会社には、クライアントの訪問状況の記録が残ります。これを参照した上で、最適な提案が受けられるというメリットがあります。

派遣社員のメリット

派遣社員は、スキルポイント機能で的確な評価を得ることができます。スキルがあればより高レベルな案件にアサインされることも期待できます。

クオリード人材派遣の導入事例

情報管理の一元化で業務効率化に成功

勤怠入力ミスによる給与計算のミスや請求漏れが起きてしまっていました。

管理資料はExcelを使い、別途給与システムや勤怠システムを利用していて、請求・給与処理が煩雑になってしまっていました。

クオリード人材派遣を導入してからは、勤怠システムと給与システムが連携しているので、勤怠チェック漏れや情報伝達漏れが解消できました。

混乱なく導入ができて、業務効率化にもつながっています。

参照元:クオリード人材派遣(https://quo-haken.com/データとシステムを活用し、情報共有を図りミス/)

社内の情報伝達がスムーズに

事務は事務、営業は営業という別々のスタイルでやってきたものの、事業規模が大きくなってコンプライアンスの面で難しくなってきたので、システム導入を決めました。

結果、事務と営業部門のデータを一元化して、業務の効率化だでなく、情報伝達もうまくいくようになりました。

参照元:クオリード人材派遣(https://quo-haken.com/一元管理できることで社内間での情報の伝達が図/)

複雑なタイムシート入力の手間が軽減できた

月末の大量のタイムシート入力やExcelの集計作業に限界を感じで、システム導入を決めました。

複雑な契約上の諸条件も、あらゆる設定ができるので業務効率がよくなりました。

参照元:クオリード人材派遣(https://quo-haken.com/複雑な契約上の諸条件についてあらゆる設定が行/)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×