ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)

人材派遣に特化した勤怠管理システムで、クラウド型の勤怠管理を実現する「スタッフエクスプレス」をご紹介します。

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の特徴

派遣はもちろん、請負や紹介など、独自の就業ルールがある雇用形態を中心に管理できる勤怠管理システムです。

ワンストップで派遣社員の勤怠管理ができるよう、受注から会計システムまでの橋渡しがしっかり計算されています。

有償ではあるものの、個社に対応したカスタマイズが可能。サポート体制もあり、日本全国均一の品質サポートを実現できます。

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)のできること

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の費用

立場別に見るSTAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)導入のメリット

派遣元のメリット

直感的に操作できるUIで、派遣社員それぞれの勤怠状況を的確に把握することが可能です。

必要に応じて勤怠の外部ファイルを取り込むことができ、手書きの勤怠情報もスタッフエクスプレス内で管理することができます。

現場の作業負担を抑えながら、様々な勤務情報を一元管理することができるため、現場スタッフの新たなシステム移行に負担を感じている担当者にオススメです。

派遣先のメリット

勤務状況を入力していない派遣社員をまとめて表示することで、派遣先の社員が派遣社員へ直接アラートを伝えることが可能です。

細かく情報把握ができるため、適切なタイミングで派遣社員へ声掛けを行い、月次作業をスムーズにすることもでき、結果的に派遣先の負担を軽減することが可能です。

また、勤怠情報は二次加工も可能なため、社員全体の勤務状況把握に役立てることができます。

派遣社員のメリット

必要情報だけを入力しやすい管理画面は、誰でも自身の勤怠情報を把握しやすい点がメリットです。

自身の勤務時間はもちろん、当月の支給給与も一目で把握することが可能です。

これまで紙で管理していたころとは違い、自身の勤務時間や残業時間をまるっと確認することが可能です。

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の導入事例

1営業日で取り込むことができるように

C社は、約1,000人の派遣スタッフの勤怠データを取り込む月初めの作業にこれまでは5営業日かかっていました。

しかし、「STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)」を使い、1営業日で取り込むことができるようになりました。

参照元:STAFF EXPRESS(https://www.staffexpress.jp/blog/introduction-example/example-of-drastically-cutting-work-man-hours-and-time-in-cooperation-with-attendance-management-system/)

1営業日で取り込むことができるように

「STAFF EXPRESS NEO」の仕事照会を利用し、「急募」案件として公開することで、派遣スタッフからの応募を待つことができます。

社員が代わりの派遣スタッフを見つける作業と同時に行うことができるので、これまでより早く見つけ出すことができるようになりました。

応募後に何か問題があったとしても、「STAFF EXPRESS NEO」の機能を使うことでスムーズに解消できるようになったのです。

参照元:STAFF EXPRESS(https://www.staffexpress.jp/blog/introduction-example/example-of-reducing-the-time-required-to-manage-applicants-in-the-staffing-business/)

遣スタッフの満足度を大いに高められた

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の導入によって、以前よりも格段に派遣スタッフの定着率がアップしました。

なかでもリアルタイム仮払いのシステムは、申請してすぐに現金を受け取れるといった点が魅力で、派遣スタッフの満足度を大いに高めることができました。

複雑な手続きが必要なく、スマホで申請できるといった手軽さも派遣スタッフの定着率アップに大きく役立ちました。

参照元:STAFF EXPRESS(https://www.staffexpress.jp/blog/introduction-example/example-of-utilizing-fintech-in-the-staffing-business/)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×