ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » e心伝心

e心伝心

e心伝心は、単発・日雇い派遣に適した派遣管理システムです。情報の一元管理による効率化のほか、モーニングコール機能が便利な製品となっています。

e心伝心の特徴

e心伝心は、登録スタッフの情報、案件やスケジュール、稼働内容、給与・請求情報などを一元管理することができるシステムです。主に単発・日雇いの派遣業に適した設計となっています。

インストールが不要で、外出先からでも管理業務ができるというメリットがあります。

オフィスにいなくても柔軟に作業ができることで、業務効率をアップさせることができます。

登録スタッフは、勤怠の入力はもちろん、スケジュールや仕事内容の確認、交通費・経費の申請や日報など、モバイルから申請することができます。

紙ベースの申告が不要で、提出・回収の手間が省けます。

また導入事例にもありましたが、モーニングコール機能を搭載しているのが特徴。予定を登録したスタッフに対し、自動でモーニングコールを送ることができます。

スタッフがあらかじめ登録した起床時間に自動でコールを行い、応答がなければ管理者にコールするというシステムです。

e心伝心のできること

e心伝心の費用

立場別に見るe心伝心導入のメリット

派遣元のメリット

登録スタッフの情報が一元管理でき、入力した情報がリンクされているので、効率よく業務を進めることが可能。検索機能で情報へのアクセスが良いのもメリットです。

派遣先のメリット

モーニングコール機能でスタッフの寝坊・遅刻を防ぎ、トラブルを防ぐことができます。

派遣社員のメリット

早起きが苦手だったり、スケジュール管理がうまくできないスタッフでも、モーニングコールで管理されていると安心です。

e心伝心の導入事例

要望に丁寧に応えてカスタマイズしてくれた

知人からの紹介で検討しました。もっともコストパフォーマンスが良さそうだと感じたのが選定の理由です。

カスタマイズをお願いした時に、業務内容や業務フロー、システムへの要望などを丁寧に聞いてくださって、それを盛り込んだ提案をしてくださいました。

また、こちらがお伝えしてない点も改善点として提案してくださったのは嬉しかったです。

参照元:e心伝心(https://e-densin.jp/case)

勤怠入力の柔軟さがマッチした

こちらの要望に応じて、カスタマイズをしてくれるのがよかったです。勤怠入力が「出勤」「退勤」だけではなく、フリーで入力できる点が弊社にはマッチしていました。

またシステムの利用料金が、ユーザーごとの課金ではなかったのも選んだ理由です。

参照元:e心伝心(https://e-densin.jp/case)

機能の開発・追加が無料でできた!

モーニングコール機能がある管理システムを探していたのですが、無料で開発してくれるということでe心伝心を選びました。

今まではExcelで作業をしていましたが、それをまとめてシステムで対応できるのが優れた点だと思います。

参照元:e心伝心(https://e-densin.jp/case)

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円