ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » freee

公開日: |更新日:

freee

特に会計の意思決定スピードを上げるのに適している「freee」の特徴やシステムについて紹介します。

freeeの特徴

時間や場所に囚われずWEBで完結するワークフローがfreeeの特徴です。社内申請には方法や経路が分かりづらかったり、申請後の承認状況が分からなかったり、ミスが多く差し戻しのやり取りに手こずったりなど、さまざまな悩みがつきものです。freeeはそのような悩みを解消すべく、申請から会計処理まで1つのソフトでカバーできるシステムを構築。他のシステムと連携させられる利便性の高さで、フォーム管理にかかる負担を減らします。

freeeのできること

ここで紹介しているシステム以外にもトップページでは、月額費用・機能面で比較したおすすめの派遣勤怠管理システムを紹介しています。
派遣勤怠管理システムの導入を検討している人は是非ご参考ください。

おすすめ派遣勤怠管理システム4選へのリンク

freeeの費用

派遣勤怠管理は、機能数ととコスパで選ぼう!

勤怠管理システムを導入したい!でも必要な機能が備わっていないとなかなか許可も下りない。
そこで、当サイトでは機能が充実していて、かつコストパフォーマンスのよい派遣に特化した勤怠管理システムを選定し、比較しています。
勤怠管理システムの導入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

立場別に見るfreee導入のメリット

管理者のメリット

端末に左右されず、複数人で利用できるがfreeeの強みです。ユーザーごとに詳細な権限設定を行うことが可能であり、データの共有や管理はクラウドで行えます。ユーザーのログイン履歴や仕訳の承認点変更履歴などユーザー情報のログの確認や出力も容易。予実管理を通じてスピーディに意思決定ができる点や、仕訳に関連するワークフローの紐づけができる内部統制などが管理者のメリットです。

経理担当者のメリット

月次決算を1営業日で締めるフローを採用しているfreee。freeeはバックオフィスを効率化することが可能であり、従業員300名規模時点で運用することができます。入力、経理処理、集計分析までの作業を一元管理し、月次決算の早期化を実現。請求書の発行や債権管理、定期請求などはCSV取込から一括発行でき、月末に手中する支払い依頼は各社員が入力するため経営担当者の負担が軽減されます。また、見積書ベースの入力も早いので、月次決算の速さと質の調整もしやすいでしょう。

従業員のメリット

freeeは少ない人数でも効率よく業務を回せるよう、バックオフィスを内製化できる仕組みになっています。事業の拡大化や多角化を行う際に、リアルタイムで経営状況を把握したり、外注費の増加を抑えたり、社内工数の削減を検討したりなど、さまざまな面で活用することが可能です。業務の見える化と再設計で従業員をサポートします。

freeeの導入事例

Excelの二重管理から解放されました!

(前略)本格導入から1カ月で、すでに効率化を実感しました。請求書の受付から支払いの業務については、「会計ソフトへ入力→そのままデータが銀行へ反映される」というように、4つあった工数を2つまで減らすことができました。これにより、Excelの入力にかかっていた月30分ほどの作業時間はまるまるなくなり、月末支払にかかる時間が45分から15分まで短縮されました。また以前は、Excelの現金出納帳で小口現金を月1回まとめて計上する作業がありましたが、freee会計では入出金入力が自動で仕訳され、さらに日々の隙間時間に分散して作業できるようになったので、とても楽になりました。(以下略)

引用元:freee公式HP https://www.freee.co.jp/cases/eoct/

経理にかかる手間が軽減されました

(前略)一番大きく変わったのは経費精算ですね。導入前は自社システムで出力した書類に上長2人が押印し、経理が受理して現金を手渡しするフローでした。これだと上長が出張などで不在なら処理が滞りますし、業務の性質上、飲食やブライダルの現場は土曜・日曜もフル稼働。週末が休日になる経理部門との間で経費精算が上手く回るのは週3日。スムーズな経費精算とは言えない状況にみんな辟易していました。導入後は経費精算の申請はfreee上で完結できています。申請者は領収書をスマホで撮ってすぐに申請できますし、いま申請ルートのどこで止まっているかが手元で把握できます。上長も移動中に手間なく承認ができる。経理側は申請ルートを把握できますし、現金の手渡しではなく口座振込になったことで作業負担も軽減しました。

引用元:freee公式HP https://www.freee.co.jp/cases/dlight/

多重課題の解決と業務効率化

慢性的に抱えていた多重的な課題を解決し、バックオフィス業務の効率化を図るべく、2019年にfreee会計とfreee人事労務を導入することに。旧会計ソフトとExcelでの二重の情報管理からの脱却に成功。また、freee人事労務で給与明細をオンライン化したことによって、月10時間分もの作業がなくなったそう。

引用元:freee(https://www.freee.co.jp/cases/eoct/)

経費精算の効率化

導入後は経費精算の申請はfreee上で完結できています。申請者は領収書をスマホで撮ってすぐに申請できますし、いま申請ルートのどこで止まっているかが手元で把握できます。上長も移動中に手間なく承認ができる。経理側は申請ルートを把握できますし、現金の手渡しではなく口座振込になったことで作業負担も軽減しました。

引用元:freee(https://www.freee.co.jp/cases/dlight/)

支払管理の簡略化

支払管理では、従来の会計ソフトでは買掛金管理で会計記帳、振込で会計記帳と二度手間になっていました。freeeの「支払依頼」では、買掛金管理時点で入力した情報がそのまま振込や消込、仕訳に使用できるため入力が1度で済みとてもスムーズです。freeeの導入で煩わしい作業から開放され、業務時間を約60%にまで短縮、ミスの発生も抑えられました。

引用元:freee(https://www.freee.co.jp/cases/yamamoto/)

Dispatch management
月額×機能で比較!
派遣の勤怠管理に対応したシステム3選
自社に合った
派遣会社向け勤怠管理システム
変則勤務のような
複雑なシフト形態の管理なら
デジシート
デジシート公式HPキャプチャ
引用元:デジシート公式HP
(https://www.huapp.co.jp/service/digisheetdispatched/)
特徴
  • 派遣企業・派遣社員ごとの情報管理や、勤務パターン・勤務シフトを設定できる
  • 残業時間の警告や週40時間超の労働時間の残業計上などをシステムが自動で行う
単発スタッフの管理を
強化するなら
e心伝心
e心伝心公式HPキャプチャ
引用元:e心伝心公式HP
(https://e-densin.jp/)
特徴
  • 派遣スタッフの「出勤状況」だけでなく、「出発」「前日確認」まで管理が出来る
  • モーニングコールによる派遣スタッフの起床確認も対応
勤怠管理システムの
費用削減を図るなら
ハーモス勤怠
ハーモス勤怠公式HPキャプチャ
引用元:ハーモス勤怠公式HP
(https://hrmos.co/kintai/)
特徴
  • 一人当たりにかかる料金が100円~(31人以上利用の場合)
  • 「日次勤怠」「承認」等といった基本機能のみを備えたシンプルなシステム
会社名・サービス名 デジシート公式HP e心伝心公式HP ハーモス勤怠公式HP
月額費用/100人 39,000円 30,000円 10,000円
勤怠管理
オンラインで勤怠承認 - -
スケジュール管理
契約管理 別システムにて可能 別システムにて可能
給与計算 別システムにて可能
モバイル対応
他システムとの連携 外部勤務データの取り込み - SLACK,LINEを使った打刻
リアルタイムでの勤怠管理
残業時間の計上・残業時間超過の警告
※警告はオプション
-
勤務パターンを複数登録できる - -
遅刻を防止する機能 -
※オプション
-
会社名・サービス名 デジシート公式HP e心伝心公式HP ハーモス勤怠公式HP