ハケンの管理 派遣勤怠管理システム比較 » 派遣向け勤怠管理システム一覧 » e-staffing(イースタッフィング)

e-staffing(イースタッフィング)

イースタッフィングは、導入費用が無料という派遣管理システム。クラウドで利用できるので、導入が簡単な製品です。

セキュリティ面でも安心のイースタッフィングについて、特徴や機能、導入メリットなどをまとめてみました。

e-staffing(イースタッフィング)の費用

※導入費用は無料で、毎月契約に1~15日、16日~末日のいずれかに契約が差し掛かった場合は半月分の価格(500円)になります。

※派遣元企業が利用料金を負担する形式のため、派遣先企業は導入費・利用料金ともにかかりません。

※システムの利用料金の請求書は、月末締めで翌月第二営業日までに発行されます。またシステムからの請求書PDFでのダウンロードも可能です。

e-staffing(イースタッフィング)の特徴

イースタッフィングは、派遣先と派遣元のさまざまなやりとりを仲介するプラットフォーム。

派遣紹介から契約管理、勤怠管理、請求管理といったやりとりは、すべてこのシステム上で相互にやりとりすることができます。

ペーパーレスでの契約や勤怠管理ができるので、10年間の書類の保存も安心。スペースを取らず、また検索可能で管理がしやすいシステムとなっています。

操作に困った場合はサポートセンターに問い合わせて解決できるバックアップ体制があり、安心して導入することができます。

e-staffing(イースタッフィング)のできること

立場別に見るe-staffing(イースタッフィング)導入のメリット

派遣元のメリット

法改正や労働局指摘事項があった場合、リクルートスタッフィング、パソナ、パーソルテンプスタッフの大手3社の法務見解を踏まえてシステムに反映。コンプライアンスの徹底が可能です。

派遣先のメリット

複数社との契約管理を相手企業ごとに管理するのは手間ですが、イースタッフィングを利用すればひとつのシステムで複数社の管理が可能です。

派遣社員のメリット

勤怠管理はWebTimeCardなので、手書きのミスなどの心配がありません。

e-staffing(イースタッフィング)の導入事例

Web上で情報を見つけることができませんでした。

Dispatch management
月額×機能数で比較!
派遣の勤怠管理に特化したシステム4選

派遣と勤怠管理に特化した4システムを100人あたりの月額費用を算出。デジシート:1人390円~、e-naviタイムシート[派遣]:1人400円(100人以下の場合)、staff-one(スタッフワン):30,000円(100人以下の場合)と保守料金20,000円、かえる勤怠管理[派遣]:5,000円×派遣先数から20派遣先5人で、算出しています。(2020年9月28日時点)

勤怠管理システム デジシート公式HP e-naviタイムシート[派遣]公式HP staff-one公式HP かえる勤怠管理[派遣]公式HP
月額費用/100人 39,000 4万円 5万円 10万円
対応できる機能数 9種類 6種類 5種類 4種類
リアルタイム勤怠管理
勤怠表のCSV出力
派遣先からの
オンライン承認
×
多様な就業形態に
対応可能
× ×
派遣社員・
派遣先の情報管理
× ×
残業アラート × ×
勤務シフトの管理 × × ×
携帯GPS管理 ×
サポート体制 ×